とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼781号 「奥武蔵・多峯主山とハンノウザサ」

【概略】
数多い周囲の山の中でも主峰という多峯主山。ここにあるハンノウ
ザサは牧野富太郎が発見・命名した固有の種だという。しかし、現
在アズマザサと同一種と考えられていて図鑑には載っていません。
でも命名されたのはこちらの方が早いというので「ハンノウザサ」
の名を使う研究者もいるという。
・埼玉県飯能市

▼781号 「奥武蔵・多峯主山とハンノウザサ」

【本文】
埼玉県奥武蔵の入口に多峯主山という山があります。多峯主と書い
て「とうのす」と読むそうです。山名については、山頂または山中
の平坦地などに砂地の多い山の意。また周囲に数多い山の中で中心
の山という説もあります。

1765年(明和2) に経文を書いた石を土中に埋めて築かれたという
経塚や、上州沼田藩主黒田直邦の大名墓があるという。

また湿地帯にある池は「雨乞いの池」だといい、「池の水を汚すと
雨が降る」とか、「鼻をつまんで池の周りを七まわりすると異変が
起こる」などと説明されています。

そこから多峯主山に登る坂は見返り坂といい、源義経の母・常盤御
前がこの山に登ったとき、あまりの景観のよさに後を振り返り、振
り返り、登ったことによりこの名がついたといわれていると現地の
看板にあります。

この見返り坂に、植物学者・故牧野富太郎博士が発見、命名したハ
ンノウザサ(飯能笹)の植生があります。

この笹は「アズマザサの仲間で、根茎は横に走り、茎はこげ茶色を
してまっすぐ立ち、高さは150センチ前後、直径0.6センチほど。茎
の上部で枝が分かれ、枝の端には手のひらを広げたように数枚の葉
が集まってついている。葉は細長く、長さ13〜20センチ、幅2セン
チ内外で先はとがっている。質は薄い洋紙質で表面は毛がなく裏面
にはビロード状の細毛がある。中央の脈は細く裏面に隆起しており、
この両側に5〜8本の脈をもっていて、冬期に葉のふちは白色とな
る。一見普通の笹のように見えるが、幹の色、枝の出方などに特色
がある。繁殖力はさほどなく、古くからこの地にのみ限られて生え
ている」との説明です。

現在この種はアズマザサと同一種と考えられていて、ハンノウザサ
の名は「牧野新日本植物図鑑」にも取り上げられておらず、ほかの
図鑑にも見あたりません。

しかし、研究者によってはハンノウザサの命名の方が早いというこ
とから「ハンノウザサ」の名を使う人もいるそうですよ。
・イネ科アズマササ属の小形の常緑竹

・多峰主山【データ】
山名:とうのすやま

・【異名・由来】
由来:山頂または山の平坦地などに砂地の多い山。周囲の山々の中
で中心の山という説もある(「日本山岳ルーツ大辞典」)。

・【所在地】
埼玉県飯能市。西武新宿線飯能駅から歩いて1時間で多峯主山。三
角点(271m)がある。そのほか付近に何もなし。地形図上には山
名(多峯主山)と三角点の記号とその標高のみ記載。付近に何も記
載なし。

・【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
【多峰主山三等三角点】緯度経度:北緯35度52分05.33秒、東経139
度17分52.59秒

・【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」で検索
基準点(三角点):(基準点コード:TR35339623401)(点名:多峰主)
(冠字選点番号:伏 2)(種別等級:三等三角点)(基準点成果状
態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°52′05.24
19、経度 139°17′52.7155)(標高:270.77 m)(基準点現況状態
:正常 20060714)(所在地:記載なし)(点の記図:閲覧可)

・【地図】
2万5千分の1地形図「飯能(東京)」。5万分の1地形図「東京−
川越」

【山行】
日帰り:【2007年(平成19)10月6日(土・晴れ)多峰主山探訪:「天
覧山・多峯主山・巾着田」家内と同行

▼【参考】
「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
「郷土資料事典11・埼玉県」ふるさとの文化遺産(人文社)1997年
(平成9)
「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成4)
「植物の世界・11」(朝日新聞社)1996年(平成8)
「世界の植物・8」(朝日新聞社)1975年(昭和50)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】