とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼775号 「南ア・半神半鬼夜叉の峠」

【概略】
夜叉峠には荒ぶる神夜叉神をまつる石祠があり、峠の名はこの神か
ら来ているという。また異説もありこの付近には、床柱や挽き物細
工に使うヤシャブシという木が生えており、このヤシャブシ林の「り
ん」が「ジン」になまってヤシャジンになったともいわれているそ
うな。
・山梨県南アルプス市

▼775号 「南ア・半神半鬼夜叉の峠」

【本文】
南アルプスの入口・夜叉神峠は、山梨県南アルプス市の高谷山(た
かたにやま)と大崖頭山(おおくずれあたまやま)との鞍部にある
峠。

昔、村人はこの峠を越えて野呂川に入り、小屋に泊まり込みで炭焼
きをしたり、野呂川の流れで木材をいかだで麓に運んだといいます。

ところで夜叉神峠には夜叉をまつる石祠があります。夜叉は神通力
を自由にあやつる、インド古代ヴェータ聖典以来の半神半鬼。のち、
仏教に取り入れられてからは、毘沙門天の眷属として人間を助け、
また利益を与えるようになったという。

しかし、その激しい性格は変わらず、信仰心のないものには害をお
よぼすたたり神だそうです。特に「女夜叉」は凶悪な性格で、人間
の血や肉を平気で喰らうというからしまつが悪い。

夜叉神峠はカラマツ林を通して白根三山の展望台になっています。
かつて桃ノ木鉱泉のそばを流れる水出川(いまの御勅使川・みだい
がわ)の上流に、暴れん坊の神(夜叉神)がすんでいたという。

この神は、疫病をはやらせ、暴風を自由にあやつり、洪水を呼んで
悪事悪業の仕放題。はじめは恐れおののいていた村人も、ついに我
慢できなくなりお互いに相談。夜叉神をまつりあげ、御勅使川が望
めるこの峠に石祠を建てて封じ込めたという。

それからは災害はなくなり、いまは豊作の神、縁結びの神になって
いるといいます。また夜叉神峠名の由来には異説があって、かつて
この峠付近には、床柱や挽き物細工に使うヤシャブシという木がた
くさん生えていたという。

ヤシャブシは漢字で夜叉五倍子。ハンノキ科のハンノキ属の落葉小
高木。このヤシャブシ林の「りん」が「ジン」になまってヤシャジ
ンになったともいわれているそうな。ほんとかいな。

・夜叉神峠【データ】
山名:やしゃじんとうげ

・【異名・由来】
由来:夜叉神伝説

・【所在地】
山梨県南アルプス市芦安(旧山梨県中巨摩郡芦安村)。中央本線韮
崎駅の南西12キロ。JR中央本線甲府駅からバス、夜叉神峠入口か
ら歩いて1時間15分で夜叉神峠。地形図に峠名と記念碑記号のみ記
載。標高記載なし。峠より北方向直線約90mに夜叉神峠小屋がある。
(1760m標高記入なし)

・【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
【夜叉神峠】緯度経度:北緯35度38分14.8秒、東経138度20分11.6


・【地図】
2万5千分の1地形図「夜叉神峠(甲府)」

【山行】
・第3日目:1984年(昭和59)11月24日(土・吹雪)夜叉神峠探訪
:1984年(昭和59)11月22日(木)〜25日(日)「新宿駅・甲府駅・夜
叉神峠・南御室小屋・薬師岳・観音岳・地蔵岳鳳凰小屋分岐で幕営
・鳳凰小屋・北御室小屋・白糸の滝・青木鉱泉(泊)・マイクロバ
ス・韮崎駅・新宿駅」:「鳳凰三山縦走」東京野歩路会

・【参考】
「甲斐国志」(松平定能(まさ)編集)1814(文化11年):(「大日本
地誌大系」(雄山閣)1973年(昭和48)
「角川日本地名大辞典19・山梨県」磯貝正義ほか編(角川書店)19
84年(昭和59)
「夜叉神峠の由来」夜叉神峠小屋パンフ

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】