とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼772号「武甲山にマツとフジが生えない」(2)

【概略】
昔、武甲山にすむ山姥が、子連れの村人から子どもを隠して食べた
りして悪事を重ねていた。そこへやってきた行基菩薩は法力で山姥
を捕らえた。身動きできない山姥は悔しまぎれに「この山に松とフ
ジは生えるな」と叫んだ。それからは両方とも生えなくなったとい
う。
・埼玉県秩父市と横瀬町

▼772号「武甲山にマツとフジが生えない」(2)

【本文】
埼玉県秩父市の武甲山(ぶこうさん・最高点1304m)には、松と藤
が生えていないという伝説は山岳漫画はがき【ひとり画展770号】
でお伝えしました。

西麓の埼玉県秩父市浦山地区は別として、東麓の同県秩父郡横瀬町
側の人たちは松と藤が、1本も生えていないといっているというか
ら本当のようです。また前回の話とは別の伝説もあります。

その昔、武甲山には恐ろしい神通力を使う山姥(やまんば)が住ん
でいて、ふもとの子ども連れの村人を見つけては、子どもを隠して
食べるという悪事を重ねていました。

ある時、山で女の子を遊ばせていた母親が、ほんの少し目を離した
すきに、女の子の姿がフッと消えてしまいました。驚いた母親は、
狂ったようにあちこち捜し回りましたが、どうしても見つかりませ
ん。

母親はうろたえて泣くばかり。そこへ旅の僧が通りかかりました。
話を聞いた坊さんは、「山姥の仕業に違いない」と武甲山山頂に登
り、17日間(27日間ともいう)一心に祈願をしたという。

山姥は法力に勝てず、たまらず魔術を失って坊さんの前に姿をあら
わしました。こうして子どもは母親のもとに戻りました。そしてあ
えなく山姥は、松の木に藤づるで縛りつけられたしまいました。

それもそのはず、この僧こそ全国行脚中のあの有名な行基菩薩だっ
たのです。行基に諭(さと)された山姥は、いままでの罪を悔い、
2度と里人を食らわない証(あかし)として、自分の歯を抜いて僧
に渡しました。

しかし、山姥は悔しまぎれに「この山に松と藤は絶えろ」と怒鳴っ
て息が絶えたという。それからは武甲山には松と藤はなくなってし
まったということです。

ちなみに、行基に渡した山姥の歯(前歯1枚、奥歯2枚)は、横瀬
町苅米(かるごめ)にある萩之堂(秩父観音札所六番・向陽山卜雲
寺)の宝物としていまも残っているということです。

・武甲山【データ】
山名:ぶこうざん

・【異名・由来】
異名:秩父嶺(ちちぶね)・秩父嶽(ちちぶがだけ)・御蒿・嶽山・
秩父山・蔵王山・妙見山・乳首山
由来:日本武尊が戦勝を祈って武兜を奉納した伝説

・【所在地】
埼玉県秩父市と埼玉県秩父郡横瀬町との境。秩父鉄道浦山口駅から
歩いて2時間40分で武甲山。二等三角点(1295.4m)と写真測量に
よる標高点(1304m)と武甲御岳神社の祠がある。地形図に山名と
三角点の標高と標高点の標高、神社記号(鳥居)の記載あり。

・【名山】
深田クラブ選定「日本二百名山」(第141番選定):日本百名山以外
に100山を加えたもの・日本三百名山にも含まれる。
田中澄江選定(1981年)「花の百名山」(第37 番選定)

・【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
【武甲山標高点】緯度経度:北緯35度57分5.72秒、東経139度05分5
2.05秒。
・【武甲山二等三角点】緯度経度:北緯35度57分06秒、東経139度05
分53秒

・【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」で検索
基準点(三角点):(基準点コード:TR25339703801)(点名:武甲山)
(冠字選点番号:越 7)(種別等級:二等三角点)(基準点成果状
態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°57′05.75
84、経度 139°05′53.046)(標高:1295.37m)(基準点現況状態
:正常 19970301)(所在地:埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬字武甲山
8645番地)(点の記図:閲覧可)

・【地図】
・2万5千分の1地形図「秩父(東京)」。5万分の1地形図「東京
−秩父」

・【山行】
・日帰り:1987年(平成1)9月6日(水・晴れ)武甲山探訪:「飯
能・鳥首峠・大持山・小持山・武甲山・横瀬駅」単独行

・【参考】
「続・植物と神話」近藤米吉編著(雪華社)1976年(昭和51)
「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
「増補ものがたり奥武蔵」神山弘ほか(金曜堂出版部)1984年(昭
和59)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】