とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼768号 「山の花・黄色い釣船キツリフネソウ」

【概略】
釣船草のようで黄花のキツリフネ。距が渦巻きに巻かない所が違う
という。幕末発行の「草本図説」に「黄のツリフネソウ」として「紫
のツリフネソウ」やホウセンカとともに記載。種小名は「触れるな」
の意味で果実がはじけるところから。
・ツリフネソウ科ツリフネソウ属の1年草。(画は図案化しています)

▼768号 「山の花・黄色い釣船キツリフネソウ」

【本文】
山を歩いていると湿り気のあるところや渓流のほとりに黄色い花の
ツリフネソウが咲いています。キツリフネ(キツリフネソウ)です。
ツリフネソウは釣船草。見たとおりの「黄釣船」です。

花の距の曲がりがゆるく渦巻き状に巻かないところがツリフネソウ
と違うところです。この種ははじめ閉鎖花を出す。また葉は長楕円
形から卵形で、先がとがっていません。粗い鋸歯(ギザギザ)もあ
ります。

幕末の1862年(文久2)に発行された飯沼慾斎の「草本図説」(草
部・第17巻)には、「黄のツリフネソウ」(いまのキツリフネ)とし
て「紫のツリフネソウ」(いまのツリフネソウ)やホウセンカなど
とともに記載されているそうです。

いまのように「キツリフネ」、「ツリフネソウ」と呼ぶようになった
のは、「草木図説」新訂版(1875年(明治8)完結)以降のことな
のだそうです。

ツリフネソウ属は日本にはツリフネソウ・キツルフネ・ハガクレツ
リフネの3種が分布するだけという。属名のイムパティエンスは「耐
えられない」という意味のラテン語だそうです。

果実に触れると急にはじけることによるという。なるほど、ホウセ
ンカにも近いんだァ。種小名も「触れるな」という意味で、触れる
と急にはじける果実の性質からきているそうです。

以前、北陸白山から下山の際、大雨がやまず、コザクラ平の避難小
屋で閉じこめられたことがありました。

3日目、雨の隙を見て飛び出しました。小さな沢も増水で流れが荒
く渡るのも注意が必要です。やっと林道についた時は雨も小やみな
っていました。

ヤレ、ヤレ一安心。林道の側溝にキツリフネが群生。黄色い花がゆ
れるのを見ながら歩き始めました。
・ツリフネソウ科ツリフネソウ属の1年草。

・小桜平【データ】
地名・こざくらだいら。

・【所在地】
石川県白山市(旧石川郡尾口村)。北陸鉄道鶴来駅からバス、白山
一里野バス停下車、歩いて7時間20分で小桜平避難小屋。地形図に
は「小桜平ヒュッテ」の文字のみ記載。標高なし。付近に何も記載
なし。

・【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【小桜平避難小屋】緯度経度:北緯36度12分03.4秒、東経136度45
分27.29

・【地図】
2万5千分の1地形図「新岩間温泉(金沢)」&「白峰(金沢)」(2
図葉名と重なる)。5万分の1地形図「−」

・【山行】
第6日目:2004年9月4日(土)白山小桜平探訪:2004年8月30日
(月)夜行〜9月8日(水)「東京駅・米原駅乗り換え・福井駅・
越前大野駅・勝原駅・勝原キャンプ場・カドハラスキー場駐車場・
シャクナゲ平・荒島岳・勝原キャンプ場(泊)・勝原駅前(大野市
営バス)鳩ヶ湯・上小池キャンプ場・剣ヶ岩の看板直下ビバーク・
三ノ峰避難小屋・南竜山荘キャンプ場(泊)・御前峰・小桜平避難
小屋(泊)停滞・山崎旅館(泊)・瀬女バス停・金沢駅特急はくた
か・越後湯沢駅・新幹線・上野駅」:「北陸「荒島岳・別山・白山御
前峰・大汝峰」家内と同行

・【参考】
「植物の世界・3」(朝日新聞社)1996年(平成8)
「世界の植物・4」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)
「日本大百科全書・15」(小学館)1987年(昭和62)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】