とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼765号 「富士山・火口内に入った男たち」

【概略】
「今ニ火アリテ、其アツサタヘガタシ。草鞋ヲ三足カサネテハキテ
…」やっと通り過ぎるとこんどは雪解け水が集まった川。どこに流
れるのか。富士山閉山後、火口の賽銭の拾い残しを盗ろうと、こっ
そり火口に入った男たち。地熱などに悩まされながら拾った賽銭は
わずかだったと嘆いている。

▼765号 「富士山・火口内に入った男たち」

【本文】
かつて富士山に登った人たちは、浅間神社の奥ノ院にあたる火口に
賽銭を投げたという。この習慣は室町時代からあったのだといいま
す。大勢の人が投げ入れるのですから賽銭の量もバカになりません。

神社の修復などにあてるにはもってこいの額だったというのです。
ちなみに1690年(元禄3)6月に拾い集めた散銭は57貫600文(金
の単位で12両400文)にもなったという。

こんな火口ですから江戸時代を通じ、中に勝手に入ることは厳禁で
した。ところが富士登山閉山後、拾い残りの賽銭を拾おうとこっそ
り火口の中に入った男らがいたという。

「駿河国新風土記」によれば、内院に入ると「一面ノヤケ砂ニテ、
今ニ火アリテ、其アツサタヘガタシ。…虎の蹲(うずくまり)シタ
リトミユル石アリ。其下ニ大川アリテ、イズレヘ流ルルニヤト、今
ニイブカシク思フト語レリ」だそうです。

虎岩はお鉢めぐりをしていても確認できるし、雪解け水が集まって
流れる川がいまでもあることは遠藤秀男氏が中に入って確認されて
いるそうです。

火口内に入った男たちは須走村の狂歌師混元以下3人。こんな目に
遭いながらわずかな銭しか拾えなかったそうです。

念のため。火口へのルートは虎岩南面面から下るのだという。そう
いえば三島岳から剣ヶ峰に向かう途中から虎岩にトラバースするふ
みあとを見たことがあります。

ある年の7月16日、富士吉田から原生林へ野宿して久しぶりに富士
山へ登りました。きょうこそはっきり踏みあとを見定めることがで
きるかも知れません。

わくわくしながら8合目から9合目へ。早朝から吹いていた風とガ
スが一段とものすごくなってきました。同行のW女史が体調不良を
訴えはじめました。

ここは無理をしないことにするか…。楽しみはまたの機会というこ
とで五合目目指して引き返したのでありました。

・富士山頂【データ】
・【山名・異名】
富士山(ふじさん・ふじやま)、不尽、不二、布士、富慈、芙蓉峰
(ふようほう)、富岳などの呼び方がある。

・【山名の由来】
天地の富を士(つかさどる)故に富士山と号し、郡名と作(な)す。
勅使が大勢の兵士を連れて登ったので、富士山が兵士でいっぱいに
なった。そこで「士に富む山=富士山」になった(「竹取物語」)。


富士山8合9勺(はちごうきゅうしゃく=3360m)からから上、約
400万平方mは、徳川家康が富士山本宮浅間大社に寄進したとの記
録があるが、明治維新後国有地にされていた。

8合目から上の神社の施設のある約16万平方m分は1952年(昭和27)
に大社に譲与されているが、富士山頂が返還されなかったため、大
社側が国を相手取って裁判を起こしました。

1974年(昭和49)、最高裁の判決で大社側の所有が認められた。し
かし静岡、山梨の県境が確定しておらず、登記手続きがとれず(東
海財務局)、2004年(平成16)12月17日、土地の所有権が国から富
士山本宮浅間神社に移った。(2004年(平成16)12月18付け朝日新
聞から)。

しかし、土地の所有権は認められはしたものの、山頂付近の静岡県
と山梨県の県境はまだ定まっていないという。したがって、土地登
記が出来ずじまい。住所は、もちろん静岡県でもなく山梨県でもな
い。所在地は、日本国富士山無番地なのだそうです。

同大社側は「これで所有権の手続きは解決した。県境の問題は県民
感情もあり、登記に向けて時間をかけて解決したい」と話している
という。

・【所在地】富士山頂
山梨県富士吉田市、山梨県南都留郡鳴沢村と静岡県富士宮市、富士
市、御殿場市・静岡県駿東郡小山町との境だが八合目付近から上部
は富士山本宮浅間大社の「私有地」になっており、境界がはっきり
していない。富士急行河口湖駅からバス、河口湖口五合目から5時
間30分で富士山頂。山頂剣ヶ峰に電子基準点(3777.39m)と二等
三角点(3775.63m)、白山岳に二等三角点(3756.36m)がある。火
口内に写真測量による標高点(3535m・標石はない)がある。

・【ご利益】
【浅間神社奥宮】:【浅間神社】安産・火災除け:【富士山本宮浅間
大社】五穀豊穣、湧水守護の神

・【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第72番選定):日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(第69 番選定)
・山梨県選定「山梨百名山」(第100番選定)

・【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
【火口内の標高点】(標高3535m)緯度経度:北緯35度21分46.53秒、
東経138度43分53.27秒

・【地図】
2万5千分の1地形図「富士山(甲府)」。5万分の1地形図「甲府
−富士山」

・【山行】
第3日目:2000年(平成12)7月16日(日・雨のち晴れ)富士山探訪
:2000年(平成12)7月14日(金・晴れ)〜16日(日・雨のち晴れ)「高
尾駅・大月駅・富士吉田駅・原生林野宿・中ノ茶屋・五合目佐藤小
屋・経ヶ岳姥ヶ懐泊・霧と風のため八合目で引き返す・新五合目・
お中道・五合目佐藤小屋・中ノ茶屋・富士吉田駅・大月駅・高尾
駅」:「富士山原生林野宿夏山訓練」渡辺・滝口さんと同行

・【参考】
「富士山記」都良香(「本朝文粹註釋・巻第12」に収録):「富士山
記」柿村重松註(内外出版)(注釈あり)
「富士山よもやま話」遠藤秀男(静岡新聞社)1989年(平成元)
「富士山真景之図」長島泰行(名著出版)昭和60(1985)(「富士山
よもやま話」遠藤秀男(静岡新聞社)
「駿河国新風土記」(全25巻)新庄道雄(1776〜1835)著(天保5年
(1834)に完成した駿河国の地誌):「駿河国新風土記」(上巻・下
巻)新庄道雄(国書刊行会)1975年(昭和50)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】