とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼762号 「一生に一度の花を咲かすシシウド」

【概略】
猪が食べる?ようなかたくて丈夫なシシウドも人間さまは若苗をア
ク抜き、おひたし・ゴマ和えなどにして胃袋に納めるという。シシ
ウドは種子から芽が出て花を咲かす茎が出るまで4〜5年もかか
る。そして一度花が咲き、結実すればもう一生が終わるのだそうで
す。
・セリ科シシウド属の多年草。

▼762号 「一生に一度の花を咲かすシシウド」

【本文】
真っ青な空、白い雲わく高原。まだ若いシシウドの花が開ききらず、
薄い皮をかぶっています。もう何日かすると、傘のような白い花を
咲かすでしょう。かたくて丈夫なウドなので、イノシシが食べるの
にちょうどよいというので、こんな名前がつきました。

イノシシが食うようなウドだといいながら、人間さまは若苗を茹で
てアク抜きし、おひたし、ゴマ和えなどにし胃袋に納めてしまうと
いうからイノシシもあきれ顔です。

こんなシシウドも種子から芽が出て、花を咲かす茎が出るまで4〜
5年もかかるという。そして一度花が咲き、結実すればもう一生が
終わるといいます。

シシウドは薬草だともいいます。薬用部は根っこ。生薬名はドッカ
ツ(独活)といい、10〜11月ごろ掘り出して風通しのよい場所で陰
干しし、のち天日で乾かします。

成分は精油を含むほかは不明ながら、民間薬としてリュウマチ、中
気、頭痛によいという。漢方では独活寄生湯・どくかつきせいとう
(独活、桑寄生、牛漆など、モロモロを混ぜて)。坐骨神経痛の薬
に利用されています。

このシシウドも昔は雑草のようにふつうに生えていました。子ども
たちは水鉄砲・やじろべえなどの草花遊びをしたものです。高山に
あるのはミヤマシシウド。

シシウドにくらべ葉が大きく毛がほとんどないという。見飽きるほ
ど見ているくせに気がつかないものです。こんど気をつけ見てみよ
う。
・セリ科シシウド属の多年生大形草本

・【データ】
・【参考文献】
「カラーブックス草花遊び」
「植物の世界・28」(朝日新聞社)1996年(平成8)
「世界の植物・26」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
「野の本・山の本・夏」とよた 時(誠文堂新光社)1988年(昭和63)
「野山の薬草」山西潔(北隆館)1974年(昭和49)
「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】