とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼758号 「山の花・イワカガミ」 

【概略】
イワカガミは岩鏡。その小さいのがコイワカガミ。高山植物として
おなじみの花です。この種は葉の大きさや形が地方によって、また
山の高さによっていろいろな変わり方をしているので、それぞれに
いろいろな名前がついているのだそうです。
・イワウメ科イワカガミ属の常緑多年草。

▼758号 「山の花・イワカガミ」 

【本文】
山歩きをしていると、ちょっとした岩場などに、テカテカと光った
堅い葉をつけ、淡紅色をした花冠が深く鋸(のこぎり)の歯のよう
にギザギザになった花が咲いています。

この堅い葉の光り方が、まるで鏡のようだというのでイワカガミ(岩
鏡)の名前があるのだそうです。

イワカガミの小さいのが、高山植物のコイワカガミ(小岩鏡)です。
コイワカガミは、イワカガミに比べ葉の鋸歯がほとんどなくなって
いますが、特別の品種ではないといいますから迷います。

イワカガミというと、必ず岩場にあるように感じますがそうでもな
く、尾瀬のような湿原にも多くあります。イワカガミは、イワウメ
科イワカガミ属の常緑多年草。

茎は地面で枝分かれして、葉には長い柄があり、根もとにむらがっ
てついています。葉は丸く、ふちに鋸歯があって、革質で表面が光
っています。

春から夏にかけて、高さ10センチくらいのまっすぐな花茎をのばし、
その先端に、総状花序(柄のある花が、軸から離れて互いちがいに
ついて房のようになる)の花を咲かせます。

花は、淡紅色で美しく、3〜6個開きます。花冠は径1〜1.5セン
チの筒形、花弁のふちは細かく裂けています。

葉の形や大きさが、地方や山の高さによって、いろいろな変わり方
をしているので、それぞれにいろいろな名前がついていますが、種
としてはおなじものだそうです。北海道から本州、四国、九州に分
布しています。

岩鏡咲きかぶりさりし清水かな(中村素山)。いわかがみ霧が暗し
と灯をともす(藤岡筑邨)
・イワウメ科イワカガミ属の常緑多年草。

・【データ】
・【参考】
「高山植物・花の伝説」ナカザワ
「世界の植物・3」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
「植物の世界・6」(朝日新聞社)1996年(平成8)
「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)
「日本大歳時記・夏」監修・水原秋桜子ほか(講談社)1989年(平
成1)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】