とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼756号 「山の花・ザゼンソウは達磨草」

【概略】
ザゼンソウはミズバショウの仲間。しかしミズバショウより少し乾
いた所に生えています。仏炎苞を仏像についている光背(後光)に
見たて、中の花序を座禅を組んだ達磨大師にたとえた名前だといい
ます。一名ダルマソウ。草全体に悪臭があります。
・サトイモ科ザゼンソウ属。湿地に生える多年草。

▼756号 「山の花・ザゼンソウは達磨草」

【本文】
夏、湿った登山道に、大きな円状ハート形の葉が道いっぱいにひろ
がっています。ミズバショウに似ていますが、それが生える場所よ
り少し乾いた所なのでザゼンソウであることがわかります。

ザゼンソウはミズバショウの仲間。春3月から5月ごろ、まだ葉が
のびないうちから花が咲きだします。花はミズバショウと違い、暗
紫褐色の仏炎苞につつまれた球形の肉穂花序(多肉な花軸の周りに
花柄のない小花をたくさん密着させた花序)をしています。

地中に太い根茎があり、草全体に悪臭があります。葉は根もとから
生えだし、長い柄を持ち、大きくなると40センチにも生長します。

仏炎苞は、花序の少し下の花茎につき、大きなもので長さ20センチ、
径13センチにもなります。この仏炎苞の内側は、草自体の呼吸熱で
温度が高くなっていて、外側の気温と比べるとかなりの温度差があ
るといいます。

ザゼンソウは「座禅草」の意味で、仏炎苞を仏像についている光背
(後光)に見たて、中の花序を座禅を組んだ達磨大師にたとえた名
前だといいます。

一名をダルマソウとも呼んでいます。北米の東岸には、花に悪臭が
あるので「スカンクキャベツ」と呼べれるザゼンソウの母種がある
そうです。
・サトイモ科ザゼンソウ属の湿地に生える多年草

・【データ】
・【参考】
「植物の世界・11」(朝日新聞社)1996年(平成8)
「世界の植物・8」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
「日本大百科全書・10」(小学館)1986年(昭和61)
「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】