とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼754号 「奥多摩・大岳山の申し子・鬼源兵衛」

【概略】
奥多摩大岳山の神の申し子・源兵衛こと鬼源。五百貫(約2トン)
もの大石を持ち上げる怪力が恐れられ「鬼源」とも呼ばれていた。
鬼源は玉川上水の開削工事に大活躍、工事はみるみるうちに完成。
しかし大岳山が見えないとからきしだめだったという。東京都檜原
村の出身だという。東京都奥多摩町檜原村との境

▼754号 「奥多摩・大岳山の申し子・鬼源兵衛」

【本文】
1652年(承応2)、江戸の水不足解消のため玉川上水開削の時大活
躍をした鬼源兵衛という人がいます。

その昔、奥多摩大岳山の麓・檜原白岩(しらや)に子宝に恵まれな
い夫婦がいました。夫婦は大岳山にある大岳神社にお百度をふみ願
をかけた結果、元気な男の子が授かったという。大岳山の神の申し
子の鬼源兵衛はすくすくと育ちました。

大人になるころには五百貫というから2トン近くもある大石を持ち
上げるほどの怪力を持つようになったという。その怪力が恐れられ
「鬼源」とも呼ばれていました。

さて、玉川庄右衛門・清右衛門兄弟の手配する上水工事の羽村堰工
事人足としてかり出された鬼源は、工事の最中、大きな石の下敷き
になった同僚をなんなく助けたり、大石をひょいと持ち上げポンポ
ン放り投げるようにして運んだという。

そのため、工事はみるみるうちに完成。その活躍に褒美として刀を
賜ったという。その鬼源兵衛が持ち上げたという力石があきる野市
草花地区の八雲神社(通称天王様)の境内にあるという。

ちなみに玉川上水羽村堰工事は幕府から渡された費用ではとてもま
かないきれず、不足分は工事をまかされた玉川兄弟が出したという。
しかし完成すると幕府は兄弟から上水役を取り上げ江戸払いにされ
たそうです。(檜原村の民話)

・大岳山【データ】
山名:おおだけさん

・【所在地】
東京都奥多摩町と西多摩郡檜原村大字大岳との境。青梅線御獄駅の
南西6キロ。JR青梅線御獄駅からバス、滝本からケーブル、御岳
山駅から歩いて2時間15分で大岳山。二等三角点(高1266.5m)が
ある。直下に大岳神社がある。地形図に山名と三角点の標高のみ記
載。三角点より東方向直線約200mに大岳神社がある。付近に何も
記載なし。

・【名山】
「日本二百名山」(深田クラブ選定)第145番選定(日本百名山以
外に100山を加えたもの・日本三百名山にも含まれる)
「花の百名山」(田中澄江選定・1981年):第39番選定

・【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
【大岳山二等三角点】緯度経度:北緯35度45分54.87秒、東経139度
07分49.5秒

・【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」で検索
基準点(三角点):(基準点コード:TR25339511001)(点名:大岳)
(冠字選点番号:志 14)(種別等級:二等三角点)(基準点成果
状態:正常)(地形図:東京−五日市)(測地系:世界測地系)(緯
度経度:緯度 35°45′54.792、経度 139°07′49.4989)(標高:1
266.47m)(基準点現況状態:正常 20040122)(所在地:東京都西
多摩郡檜原村大字大岳8188番地のイ)(点の記図:可)

・【地図】
2万5千分の1地形図「奥多摩湖(東京)」or「武蔵御岳(東京)」(2
図葉名と重なる)。5万分の1地形図「東京−五日市」

・【山行】
日帰り:1987年(平成1)7月2日(日・くもり、ガス)奥多摩大岳
山探訪:「立川駅・奥多摩駅・奥多摩湖・大ブナ尾根・惣岳山・御
前山・鋸尾根・大岳山・御岳神社・御岳山駅・ケーブル・御岳駅・
立川駅・下総中山駅」:「奥多摩御前山・大岳山山行」家内と同行

・【参考】
「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
「檜原村の民話」

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】