とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼747号 「東北早池峰山・安倍ヶ城と安倍貞任」

【概略】
早池峰山東方のあたかも砦のように巨岩が屹立した場所には「安倍
ヶ城」という城があるという。前九年の役で活躍した安倍貞任の隠
れ家だったと伝え、風が吹くと城門を開ける音が聞こえるという。
柳田国男の「遠野物語」にも「今でも安倍貞任の母住めりと言い伝
う」とある。

【本文】

東北には安倍貞任の伝説が多い。それもそのはず貞任は平安末期陸
奥国の豪族で俘囚長(ふしゅうちょう・8世紀ころから律令政府の
支配下に入った蝦夷)で奥六郡の司・安倍頼時の次男。

「前九年の役」(1051〜1062)が勃発し、父頼時が敗死するや抵抗
軍の総大将となり源氏方と抗戦。一大決戦地衣川の戦いに敗れ北へ
と逃れますが、厨川(くりやがわ)の柵で戦死したと伝えられてい
ます。

しかし部下や地元民からは高天の如くと仰がれ、神として崇拝され
て多くの伝説が残されています。

ここ早池峰山とその山麓にもたくさん伝承されています。そのひと
つ、柳田国男の「遠野物語・第六五」には「早池峰山は御影石の山
なり。この山の小国に向きたる側に安倍ヶ城という岩あり。険しき
崖の中ほどにありて、人などはとても行き得べき処にあらず。ここ
には今でも安倍貞任の母住めりと言い伝う」とあります。

そして雨の降りそうな夕方には岩屋の雨戸を閉める音が聞こえると
か、風が吹くと城門が開閉する音が聞こえるといいます。遠野郷の
附馬牛(つきもうし)の人たちは安倍ヶ城の扉の錠をおろす音がす
ると「明日は雨が降る」などというそうです。

安倍貞任はここを隠れ家として八幡太郎義家を悩ましたといわれて
います。貞任が早池峰山の山頂から兜を投げると、兜は光を放って
北の方に飛んだことから、貞任は北に向かったという伝説もありま
す。

また、早池峰山頂から少し北に下ったところには、10畳ほどの広さ
がある「安倍穴」という洞窟があり、貞任は厨川(くりや)敗戦後、
実は生きていて兜明神岳を越えてここにたどり着き、隠れたとされ
ています。

・安倍ヶ城岩場【データ】
山名:あべがじょう

・【所在地】
岩手県遠野市・岩手県大迫町(おおはさままち・いまは花巻市)と
川井村との境。JR花巻駅からバス・川原の坊から3時間20分で早
池峰山、さらに早池峰剣ヶ峰経由安倍ヶ城岩場。

・【地図】
2万5千分の1地形図「高桧山(盛岡)」or「早池峰山(盛岡)」(2
図葉名と重なる)

【山行】
第7日目:1987年(平成1)8月3日(木・ガスのち晴れ)早池峰山
探訪:1987年(平成1)7月28日(金)〜8月6日(日)「上野駅・盛
岡駅・八幡平頂上バス停・八幡平・もっこ岳・岩手山・雫石駅・田
沢湖駅・秋田駒ヶ岳・千沼ヶ原・烏帽子岳・田代岱・乳頭温泉・田
沢湖駅・盛岡駅・早池峰山・薬師岳・薬師堂・又一の滝・遠野駅・
花巻駅・上野駅」:「東北の山・八幡平・岩手山・秋田駒ヶ岳・早池
峰山縦走」家内と縦走

【参考】
「定本附馬牛(つきもうし)村誌」附馬牛村(岩手県)誌編纂委員
会著(附馬牛村役場)1954年(昭和29)
「遠野物語」柳田国男(角川文庫・角川書店)1979年(昭和54)
「遠野物語」柳田国男(ちくま文庫・柳田国男全集4)(筑摩書店)1989
年(平成元)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】