とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼746号 「山で出会う花・ヤマツバキ」

【概略】
ハイキングでツバキの花が目につきます。ヤブツバキはヤマツバキ。
他のツバキ類の総元締め。その昔、800歳まで生きたという八百比
丘尼がツバキの枝を持って全国行脚。各地に広めたため、秋田県男
鹿市能登山や青森県平内町椿山野生地があるのだという。
・ツバキ科ツバキ属の常緑高木

▼746号 「山で出会う花・ヤマツバキ」

【本文】
ハイキングの道すがらツバキの花が目につきます。普通ツバキとい
うと、日本のツバキの総称ですが、野生のこの種は、ヤブツバキと
かヤマツバキといい、ほかのものと区別しています。

海岸近くの山に多く生え、高さ10mにもなる常緑高木です。葉が厚
く、その表面に艶があるところから「厚葉木」とか「艶葉木」がな
まってツバキの名前になったといいます。

木へんに春と書いて椿です。春に花をよくみかける木だとして日本
の人が作った国字。

ツバキは、大昔から親しまれた木で「日本書紀」景行天皇12年条に
は九州豊後の国で、つばき(海石榴)を椎(つち)という武器に作
り、土蜘蛛を退治した記述があります。

また「出雲風土記」(733年)には、ツバキが税金の対象になってい
たらしく、産物の名にツバキが出てきます。ツバキはまた、神聖な
木だと考えられ、神社などの森に茂っています。分布も全国的で、
暖かい所から、東北の雪国にも生えています。

これは昔、八百歳まで生きたといわれる、若狭(福井県)の八百比
丘尼が、ツバキの枝を持って全国各地をまわり、それを植えてつく
かどうかで、そこに神意のあるなしを占ったためだという話もあり
ます。

ツバキの名所には伊豆大島や高知県足摺岬、石川県珠洲市の千本椿
などがあり、国の天然記念物にツバキ自生北限地帯(青森県平内町
の椿山・秋田県男鹿市の能登山などがあります。
・ツバキ科ツバキ属の常緑高木。

・【データ】
・【参考】
「世界の植物・6」(朝日新聞社)1977年(昭和52)
「植物と伝説」(松田修) (明文堂)1935年(昭和10)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】