とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼743号 「富士山頂の火口はふたつあった」

【概略】
平安時代の「富士山記」には、富士山頂上の火口には神池があると
しながら、また煙火が見えると、矛盾したことが書かれています。
これは火口がふたつあることを示しているという。それは古い水の
貯まった小内院と新しい噴煙をあげる大内院。この神池が「このし
ろ池」だという説もあります。

▼743号 「富士山頂の火口はふたつあった」

【本文】
日本で最初の富士山に関する文書は、平安時代、漢詩人で文章博士
の都良香が書いた「富士山記」。

それによると、「頂上に平地あり。広さ一里許(ばかり)なり。其
の頂の中央は窪み下りて状甑(こしき)の如し。甑の中に神池あり、
池の中に大石あり、石体甚だ奇にして宛も虎の蹲(うずく)まれる
が如し。亦其の甑の中には常に蒸し出づる気あり。其の色純青なり。
其の甑の底をのぞけば湯の沸きのぼるが如く、其の遠くより之を望
めば常に煙火を見る」とあります。

富士山頂上の火口には神の池があるとしながら、また煙火が見える
と、矛盾したことが書かれています。当時富士山には火口がふたつ
あったのではないかという。

ひとつは大内院で、私たちにもおなじみのもの。もうひとつはその
北北西の西安河原にある小内院。いまは砂礫に埋もれてしまい窪地
になっています。この小内院の外側を回るのを外輪コース、内側を
回るのを内輪コースと呼んでいます。

「富士山記」の記述で、古い火口に水が貯まっていて、もう一方が
噴煙をあげていたのなら記述に矛盾はありません。このほかに水の
貯まっていた神池がいまでいう「このしろ池」のことだという説が
あるのです。

「このしろ池」は大内院を隔てた南向こう側・浅間神社奥社と三島
岳の間にある広場。ここは雪溶けの水がたまってできる池。なぜか
海の魚・コノシロがすむといわれ、古い書物や伝説などにたびたび
出てきます。

しかし毎年7月上旬すぎには水は涸れてしまいとても魚がすめる状
態ではありません。江戸時代の「駿河国新風土記」にもその広さ7、
8間で、「時ニヨリテ水ノアルコトモアリ。又ナキコトモアリテ、
魚ナドノ住ムベキ処ニアラズ」と断ってあります。

・富士山頂【データ】
・【山名・異名】
・富士山(ふじさん・ふじやま)、不尽、不二、布士、富慈、芙蓉
峰(ふようほう)、富岳などの呼び方がある。

・【山名の由来】
天地の富を士(つかさどる)故に富士山と号し、郡名と作(な)す。
勅使が大勢の兵士を連れて登ったので、富士山が兵士でいっぱいに
なった。そこで「士に富む山=富士山」になった(「竹取物語」)。

富士山8合9勺(はちごうきゅうしゃく=3360m)からから上、約
400万平方mは、徳川家康が富士山本宮浅間大社に寄進したとの記
録があるが、明治維新後国有地にされていた。

8合目から上の神社の施設のある約16万平方m分は1952年(昭和27)
に大社に譲与されているが、富士山頂が返還されなかったため、大
社側が国を相手取って裁判を起こしました。1974年(昭和49)、最
高裁の判決で大社側の所有が認められた。しかし静岡、山梨の県境
が確定しておらず、登記手続きがとれず(東海財務局)、2004年(平
成16)12月17日、土地の所有権が国から富士山本宮浅間神社に移っ
た。(2004年(平成16)12月18付け朝日新聞から)。

しかし、土地の所有権は認められはしたものの、山頂付近の静岡県
と山梨県の県境はまだ定まっていないという。したがって、土地登
記が出来ずじまい。

住所は、もちろん静岡県でもなく山梨県でもない。所在地は、日本
国富士山無番地なのだそうです。同大社側は「これで所有権の手続
きは解決した。県境の問題は県民感情もあり、登記に向けて時間を
かけて解決したい」と話しているという。

・【所在地】富士山頂
・山梨県富士吉田市、山梨県南都留郡鳴沢村と静岡県富士宮市、富
士市、御殿場市・静岡県駿東郡小山町との境だが八合目付近から上
部は富士山本宮浅間大社の「私有地」になっており、境界がはっき
りしていない。富士急行河口湖駅からバス、河口湖口五合目から5
時間30分で富士山頂。山頂剣ヶ峰に電子基準点(3777.39m)と二
等三角点(3775.63m)、白山岳に二等三角点(3756.36m)がある。
火口内に写真測量による標高点(3535m・標石はない)がある。

・【ご利益】
・【浅間神社奥宮】:【浅間神社】安産・火災除け:【富士山本宮浅間
大社】五穀豊穣、湧水守護の神

・【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第72番選定):日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(第69 番選定)
・山梨県選定「山梨百名山」(第100番選定)

・【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
山頂剣ヶ峰に電子基準点と三角点、白山岳に三角点、火口内に標高
点がある。
【剣ヶ峰の電子基準点】(※標高3774.9m)緯度経度:北緯35度21
分38.75秒、東経138度43分38.3秒
【剣ヶ峰電子基準点のすぐ南の三角点】(標高3775.6m)緯度経度
:北緯35度21分38.26秒、東経138度43分38.52秒
【白山岳の三角点】(標高3756.4m)緯度経度:北緯35度22分0.02
秒、東経138度43分46.43秒
【火口内の標高点】(標高3535m)緯度経度:北緯35度21分46.53秒、
東経138度43分53.27秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
山頂剣ヶ峰に電子基準点と三角点、白山岳に三角点がある。

・剣ヶ峰の電子基準点:(基準点コード:EL05338052802)(点名:
富士山)(冠字選点番号:記載なし)(種別等級:電子基準点)(成
果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度経度:緯度
35°21′38.7767、経度 138°43′38.2926)(標高3777.39m)(現
況状態:報告なし 20030817)(所在地:記載なし)(点の記図:閲
覧可)。※注:電子基準点(国土地理院「電子国土ポータルWebシス
テム」では標高3774.9mだが「基準点成果等閲覧サービス」では37
77.39mになっている)

・剣ヶ峰の基準点(二等三角点):(基準点コード:TR25338052801)
(点名:富士山)(冠字選点番号:正 2)(種別等級:二等三角点)
(成果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°2
1′38.2608、経度 138°43′38.5153)(標高:3775.63m)(現況状
態:正常 20040820)(所在地:記載なし)(点の記図:閲覧可)。

・白山岳の基準点(二等三角点):(基準点コード:TR25338053801)
(点名:富士白山)(冠字選点番号:正 1)(種別等級:二等三角
点)(成果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35
°22′00.0174、経度 138°43′46.4289)(標高:3756.36m)(現況
状態:正常 20040820)(所在地:記載なし)(点の記図:閲覧可)。

・【地図】
・2万5千分の1地形図「富士山(甲府)」。5万分の1地形図「甲
府−富士山」

・【山行】
第2日目:1996年(平成8)7月31日(水・快晴)富士山頂探訪:19
96年(平成8)7月30日(火・快晴)〜31日(水・快晴)「高尾駅・大月
駅・富士吉田駅・中ノ茶屋・五合目佐藤小屋・八合目太子館泊・富
士山頂お鉢めぐり・新五合目バス停・河口湖駅・大月駅・高尾駅」
:「富士山山行」「子供の科学」取材

・【参考】
「富士山記」都良香(「本朝文粹註釋・巻第12」に収録):「富士山
記」柿村重松註(注釈あり)(内外出版)1992年(平成4)
「富士山よもやま話」遠藤秀男(静岡新聞社)1989年(平成元)

山と田園の画文ライター
ゆ-もぁイラストレーター
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】