とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼741号 「山の植物・サルノコシカケ」

【概略】
大木の幹に生えているサルノコシカケ。かつてガンを治す成分があ
るというので、ブームになったこともあった。しかし、なかにはガ
ンを促進するものもあるというから要注意。これが生えはじめると
木が腐り、材木としては価値がなくなるという。それにしても一度、
猿が腰をかけているのを見たいものだ。

▼741号 「山の植物・サルノコシカケ」

【本文】
天気のよい日に日だまりハイク。山道で、大木の幹に皿のように生
えているサルノコシカケが気になります。サルノコシカケとはいい
ますが、猿が腰掛けているのを見たことないですよね。

これは、サルノコシカケ目のサルノコシカケ科やマンネンタケ科、
キコブタケ科のうち木質で多年生となるキノコの総称だといいま
す。このキノコは多年生で毎年大きくなり、木質、革質、コルク質、
肉質で、色も褐色、紅色、黄色、白色などいろいろです。

キノコの下面には小さな穴があり、穴の内面で胞子を作っています。
種類により、マツタケやマイタケなどのように食用になるものもあ
り、またマンネンタケは装飾用、大きなコフキサルノコシカケは細
工用に、なかにはエブリコ、ブクリョウのように薬になるものもあ
ります。

サルノコシカケは腐ったブナの木によく生えていますね。これが生
えはじめると木が腐り、材木としては価値がなくなるという。かつ
てサルノコシカケにガンを治す成分があるというので、ブームにな
ったこともありました。

しかし、全種類にそのような成分があるは限らず、なかにはガンを
促進するものもあるというから要注意です。

サルノコシカケは、何年も育ち続けるため、幅が1mにもなるもの
もあるということですヨ。ブクリョウは漢方薬になり、昔はこれを
専門に採る「ブクリョウ採り」といわれる人もいました。

それにしても一度、猿が腰をかけているのを見たいものですね。
・サルノコシカケ目サルノコシカケ科・マンネンタケ科・キコブタ
ケ科の菌類のうち木質で多年生になるキノコの総称

・【データ】
・【参考】
「新・食品事典5・野菜・藻類」河野友美(真珠書院)1992年(平成4)
「世界の植物・10」(朝日新聞社)1978年(昭和53年)
「日本大百科全書・10」(小学館)1986年(昭和61)
「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】