とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼737号 「野みち山みち・ジネンジョの掘りあととムカゴ」

【概略】
里山歩きでどうも気になるジネンジョを掘ったあと。危険なので穴は埋め
ておいてもらいたいもの。ヤマノイモの仲間は茎の所少し残しておけば、
ムカゴから成長するより早く大きくなるはずだ。ジネンジョはヤマノイモ。里
のイモ(サトイモ)に対して山のイモ。
・ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草

▼737号 「野みち山みち・ジネンジョの掘りあととムカゴ」

【本文】
いまごろ、里山で目につくのがジネンジョ(ヤマノイモ)を掘った
あと。穴をあけっぱなしにしてあり、落ちると怪我をするので危険
です。自分で掘った穴はちゃんと埋めるのがマナーです。

それより、ジネンジョは全部掘らずに、上の茎側の細い部分を少し
残して穴に埋めておくと、ムカゴよりも早く生長するので後々のた
めによいのです。

ムカゴはジネンジョの茎にできる褐色の丸いイモの赤ちゃんのよう
なもの。ムカゴはタネとは別のものですが、地面に落ちると芽を出
して生長します。ムカゴもご飯に炊き込んで食べられます。

ジネンジョは春、古いイモの上に新しいイモができて、それが古い
イモの貯蔵物質を吸収し、急に大きくなり、前よりも大きな新イモ
になります。そして古いイモはなくなってしまいます。

かつて子どもたちはこのムカゴに木の枝などをさして「やじろべえ」
を作ったり、3枚の羽のある果実をなめて鼻の上につけて「天狗遊
び」をしました。

「ヤマノイモがウナギになる」ということわざがあります。物ごと
が意外な状況に変化することをいうそうです。ヤマノイモがウナギ
になっちゃ、意外な状況に違いありませんよね。

ヤマノイモ(ヤマイモ)といっても、畑で栽培されるナガイモを指
す場合と、文字どおり山野から掘り出すジネンジョをいう場合があ
ります。

なかには九州や沖縄で栽培されているダイショをもひっくるめてい
う時もあるのでややこしくなります。
・ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草

・【データ】
・【参考】
「植物の世界・9」(朝日新聞社)1996年(平成8)
「世界の植物・9」(朝日新聞社)1977年(昭和52)
「野にあそぶ・自然の中の子ども」齋藤たま(平凡社)2000年(平
成12)
「野の本・山の本(冬)」とよた 時(誠文堂新光社)1988年(昭
和63)
「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト通信【ひとり画展】
題名一覧へ戻る