とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼721号 「北ア・剱岳の登山者増崎藤左衛門と快天行者」

【概略】
古くから登頂不能の山とされ、弘法大師がワラジ千足費やしても登
れなかったといわれ、近づくこと能わず、登ること能わずで、登山
はタブーだった剱岳。江戸後半単独で登った前田藩の藩士と行者が
いた。しかし二人とも藩命違反で処分されたという。
・富山県上市町と立山町との境

▼721号 「北ア・剱岳の登山者増崎藤左衛門と快天行者」

【本文】
岩峰が剣のように突き立っている剱岳。かつて弘法大師がワラジ6
千足を使っても登れなかった山といい、長く不入の山としてタブー
視、周囲に立ち入ってもならぬとされていました。

立山曼陀羅では奥の方に白い針の山に描かれています。立山の信仰
では登る山ではなく、遠くからあがめる礼拝の山だったそうです。

しかし、剱岳には平安初期に登ったらしい遺跡(錫杖頭など)、ま
た南北朝時代に裏剣の仙人谷洞窟に籠もって修行した修験者の遺跡
が見つかっています。

近世(江戸時代)は立山・剣岳は加賀前田藩の所領でした。1838(天
保9)年江戸城西の丸が消失、その再建の課役の命を受けた前田藩
は黒部奥山の伐木を試みます。

その時担当した役人の増(松)崎藤左衛門が単身剱岳に登ったとい
う。しかし帰途急死しています。これは藩命違反として処分された
のだろうとされています。

これに前後して快天という行者も剣岳登頂に成功しました。ところ
がこの行者、それを自慢して歩いたため虐殺されたという伝説も残
っています。

・【データ】剱岳(つるぎだけ)
・【所在地】
・富山県中新川郡上市町と富山県中新川郡立山町との境。富山地方
鉄道立山線立山駅の北東19キロ。富山地方鉄道立山駅からケーブル
美女平からバス・室堂から歩いて6時間30分で剱岳。三等三角点(2
997.07m)と写真測量による標高点(2999m・標石はない)と、須
佐之男神をまつった剱岳神社の小祠がある。地形図に山名と三角点
の標高と標高点の標高のみ記載。付近に何も記載なし。

・【名山】
「日本百名山」(深田久弥選定):第48番選定(日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる)
「新日本百名山」(岩崎元郎選定):第42番選定

・【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
【標高点】緯度経度:北緯36度37分23.76秒、東経137度37分00.7秒
【三等三角点】緯度経度:北緯36度37分24.09秒、東経137度37分1.
7秒

・【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」で検索
基準点(三角点):(基準点コード:TR35437744901)(点名:剱岳)
(冠字選点番号:景 27)(種別等級:三等三角点)(基準点成果
状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 36°37′24.
0608、経度 137°37′01.6866)(標高:2997.07m)(基準点現況状
態:報告なし 20040825)(所在地:記載なし)(点の記図閲覧:可)

・【点の記】
【点の記】:(選点:1907年(明治40)7月13日 選点者:柴崎芳太
郎)(設置:2004年(平成16)8月24日 設置者:伊藤純一)(観測
:2004年(平成16)8月25日 観測者:山中雅之)
三等三角点の記
基準点コード 5437-74-4901
点名 剱岳(つるぎだけ)
1/20万図名 高山
1/5図名 立山
三角測量原簿(部号) 第537部

・【地図】
2万5千分の1地形図「剱岳(高山)」or「十字峡(高山)」(2図葉
名と重なる)。5万分の1地形図「高山−立山」

・【山行】
第3日目:1987年(昭和62)9月14日(月・晴れ):1987年(昭
和62)9月12日(土)夜行〜9月15日(火)「上野駅・立山駅・室
堂・雄山・剣沢小屋・剱岳・三ノ窓・小窓・池の平山・仙人池・二
股・真砂沢山荘前・ハシゴ谷乗越・内蔵助出合・下の廊下出合・黒
部ダム・扇沢・信濃大町駅・松本駅・新宿駅」:「剱岳から小窓・仙
人池・黒部ダム縦走時探訪」東京野歩路会

・【参考】
「アルペンガイド4・立山剱雲ノ平」
「古代山岳信仰遺跡の研究」大和久震平著(名著出版)1990年(平
成2)
「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
「富山県山名録」橋本廣ほか(桂書房)2001年(平成13)
「日本三百名山」毎日新聞社編(毎日新聞社)1997年(平成9)
「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
「日本歴史地名大系16・富山県の地名」(平凡社)1994年(平成6)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】