とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼719号 「山の花・ヤマオダマキ」

【概略】
オダマキやミヤマオダマキなどの仲間。花言葉は勝利の誓い。静御
前が「しずやしず賤の苧環くりかへし」と義経の前で舞ったことに
由来するという。花は褐紫色で下向きに咲きます。黄白色の品種も
ありキバナノヤマオダマキというそうです。
・キンポウゲ科オダマキ属の深山に生える多年草

▼719号 「山の花・ヤマオダマキ」

【本文】
ヤマオダマキも山へのアプローチでよく目にする花です。高山植物
のミヤマオダマキや庭で栽培される観賞用のオダマキ(オダマキは
ミヤマオダマキからつくりだしたものだそうです)の仲間です。

オダマキは漢字で苧環。その名は、花の形が、つむいだアサの糸を
なかを空洞になるように球形に巻いた苧環に似ているところからつ
けられたと植物図鑑にあります。

ヤマオダマキは、その名のように深山の道ばたや林のふちなどに生
えています。高さ30から50センチ。

根生葉は2回3出複葉(軸から対生する小軸に柄のある小葉を3枚
つける)で、小葉は扇形になっており、粗い切れ込みがあります。
花は1個ずつ下向きにつけ紫褐色のものが多い。

細長卵形の萼片の内側に花弁があって、先端が徐々にせばまってま
っすぐに長い距になっています。黄白色の花を咲かす品種も、あり
キバナノヤマオダマキと呼ぶそうです。

また距が先端近くで内側の曲がるものもあって、オオヤマオダマキ
という変種があるというからこんがらかります。

ちなみにオダマキの花言葉は「勝利への誓い」。これは静御前が「し
ずやしず賤の苧環くりかへし」と、義経の前で舞ったことに由来す
るそうです。
・キンポウゲ科オダマキ属の多年草。

・【データ】
・【参考】
「日本大百科全書・4」(小学館)1985年(昭和60)
「世界の植物・6」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
「植物の世界・8」(朝日新聞社)1996年(平成8)
「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】