とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼717号 「御嶽山王滝口・ある日の田の原」

【概略】
昭和54(1979)年突然爆発、いまでも噴煙をあげる御嶽山。登山道
王滝口六合目にある田の原には観光センターもあり、クルマもここ
まで入る。大勢の観光客が大型バスでやってきて木道を通り展望台
はにぎやかだ。観光客につかまり、山頂を指さすにわか案内人にさ
れた。
・長野県王滝村

▼717号 「御嶽山王滝口・ある日の田の原」

【本文】
昭和54(1979)年に突然爆発をおこした御嶽山(木曽御嶽)。山頂
の南側にはいまでも噴気口から白い噴煙をあげており、シューシュ
ーという音とともに硫黄の匂いが異様に漂っています。

ある秋、王滝頂上から、最高峰の剣ヶ峰、継母岳、摩利支天山、飛
騨頂上、継子岳や一ノ池から五ノ池など2泊しながら徘徊しました。

病気快復や寿命が延びるという三ノ池の水をたっぷりと飲み、また
飛騨頂上の刀利天狗像など新しい発見をしました。再び剣ヶ峰を訪
れ噴火口を見ながら御嶽神社で写真を撮り、これで満足と田の原(六
合目とも七合目とも)のバス停に下りました。

バス停近くには観光バスで訪れた観光客がたくさんいました。「頂
上から降りてきたの?噴煙があがっているというのはどこ?」と一
人のおじさんが話しかけてきました。

「ええ、それはあの大きな山の向こう側の…」背伸びをしながら指
を指します。えっ。どこよ、どこどこ。大勢の観光客が集まってき
ます。

気がついたら添乗員サンまで旗を持ったまま、指さす彼方の噴煙を
探していました。

・【データ】田の原(たのはら)
・【所在地】
長野県木曽郡王滝村。JR中央本線木曽福島駅からバス、田の原終
点下車。御岳観光センター、田の原山荘。御岳避難小屋がある。地
形図に観光センターと山荘、避難小屋と独立建物記号の記載あり。
バス停より南東270mに三笠山神社と三笠山の三角点(2256.1m)
がある。地形図上には地名と建物記号のほかリフト記号など記載。
車道終点より東南方向直線約260mに三笠山(三角点2256.1m)が
ある。

・【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
【田の原バス停】緯度経度:北緯35度52分19.7秒、東経137度30
分07.15秒

・【地図】
2万5千分の1地形図「御嶽山(飯田)」or「御岳高原(飯田)」(2
図葉名と重なる)

・【山行】
第5日目:1992年(平成4)9月8日(火・快晴)御嶽山王滝口田
の原探訪:1992年(平成4)9月4日(金)〜10日(木)「新宿駅
・駒ヶ根駅・千畳敷・木曽駒ヶ岳・濃ヶ池・麦草岳・上松駅・木曽
福島駅・田の原・木曽御嶽山八合目石室・王滝口頂上・剣ヶ峰・飛
騨頂上・三ノ池・田の原・木曽福島駅・茅野駅・親湯入口・蓼科山
・親湯入口・茅野駅・新宿駅」:「木曽駒ヶ岳・麦草岳・木曽御嶽・
蓼科山」単独行

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】