とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼714号 「北陸白山御前峰の天狗・白峰大僧正」

【概略】
白山は御前峰、大汝峰、剣ヶ峰の3峰の総称で、これらの峰から少
し離れた南方に別山がある。奈良時代、越ノ大徳とも呼ばれる泰澄
大徳が弟子の臥行者と浄定行者を連れて開いたという。のち、泰澄
上人は御前峰にとどまり白峰大僧正という天狗になって白山全体を
守っているという。
・石川県白山市と岐阜県大野郡白川村との境

▼714号 「北陸白山御前峰の天狗・白峰大僧正」

【本文】
北陸の名山・白山(石川県白山市と岐阜県白川村の境)は御前峰(ご
ぜんみね)、大汝峰(おおなんじみね)、剣ヶ峰(けんがみね)の3
峰の総称で、これらの峰から少し離れた南方に別山(べつざん)が
あります。

雪で白く輝くこの峰々の美しさは古くから世に知られ、万葉の時代
から「越のしらみね」と詠われました。

この山は奈良時代、越ノ大徳(こしのたいとく)とも呼ばれる泰澄
上人が、弟子の臥(ふし)行者と浄定(じょうじょう)行者を連れ
て開山したという。

山頂に登った上人は白山妙理権現という神を感得し(白山妙理権現
は泰澄大徳そのもという説もあります)、その眷属配下といわれる
禅師王子、児宮童子、一万眷属、十万金剛童子、五万八千采女、そ
の他天狗などをまとめる身となり、御前峰にとどまり白峰大僧正と
いう大天狗になって白山全体を守っていることになっています。(た
だ平安時代末期の日本の仙人37人をピックアップした本「本朝神仙
伝」には、泰澄は7番目の仙人に数えられています。)

また臥行者は奥ノ院に当たる大汝峰に止住するといいます。そして
浄定行者は白山正法坊天狗となって別山に住み、上人を助けている
とされています。

・【データ】御前峰(ごぜんみね)
・【異名・由来】
この山を開いた泰澄上人が御前峰にとどまり、白峰大僧正という天
狗になって白山全体を守っているという。

・【所在地】
石川県白山市と岐阜県大野郡白川村との境 最短:JR金沢駅から
バス別当出合下車、歩いて3:20分で御前峰。一等三角点(2702.2
mm)と白山比盗_社奥宮がある。地形図上には山名と三角点の標
高と白山奥宮の文字の記載あり。三角点より北方向直線約316mに
剣ヶ峰がある。三角点より南方向直線約680mに室堂平がある。

・【ご利益】
白山比盗_社奥宮:大漁・海上安全の神

・【名山】
深田久弥選定「日本百名山」(第87番選定):日本二百名山、日本
三百名山にも含まれる。
岩崎元郎選定「新日本百名山」(第45 番選定)
田中澄江選定(1981年)「花の百名山」(第57 番選定)
田中澄江選定(1995年)「新・花の百名山」(第57番選定)

・【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
・【御前峰一等三角点】緯度経度:北緯36度09分18.49秒、東経136
度46分17.12秒

・【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」で検索
基準点(三角点):(基準点コード:TR15436168101)(点名:白山)
(冠字選点番号:館 12)(種別等級:一等三角点)(成果状態:
正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 36°09′18.2292、
経度 136°46′17.2053)(標高:2702.17m)(現況状態:正常 200
00920)(所在地:石川県白山市)(点の記図:閲覧可)

・【地図】
2万5千分の1地形図「白山(金沢)」。5万分の1地形図「金沢−
白山」

・【山行】
第6日:2004年9月4日(土・くもりのち雨)白山御前峰探訪:20
04年8月30日(月)夜行〜9月8日(水)「東京駅・米原駅乗り換
え・福井駅・越前大野駅・勝原駅・勝原キャンプ場・カドハラスキ
ー場駐車場・シャクナゲ平・荒島岳・勝原キャンプ場(泊)・勝原
駅前(大野市営バス)鳩ヶ湯・上小池キャンプ場・剣ヶ岩の看板直
下ビバーク・三ノ峰避難小屋・南竜山荘キャンプ場(泊)・御前峰
・小桜平避難小屋(泊)停滞・山崎旅館(泊)・瀬女バス停・金沢
駅特急はくたか・越後湯沢駅・新幹線・上野駅」:「北陸「荒島岳・
別山・白山御前峰・大汝峰」家内と同行

・【参考】
「図聚 天狗列伝・東日本編」知切光歳著(三樹書房)1977年(昭
和52)
「角川日本地名大辞典17・石川県」浅香年木ほか編(角川書店)19
81年(昭和56)
「天狗の研究」知切光歳(大陸書房)1975年(昭和50)
「日本歴史地名大系17・石川県の地名」(平凡社)1991年(平成3)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】