とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼712号 「北ア立山・雄山のお花畑の由来」

【概略】
立山雄山山頂付近で咲き誇る高山植物。ここはもと悪さをする大蛇
たちがすむ千蛇ヶ池だった。立山権現は大蛇たちに草花の種をまか
せ池の中にもぐらせた。権現は池の上に毎日大雪を降らせ雪の下に
永久に封じ込めた。やがて雪が溶けまいた花が咲き、いまのお花畑
になったという。
・富山県立山町

▼712号 「北ア立山・雄山のお花畑の由来」

【本文】
「越中立山、加賀には白山、駿河の富士山日本一だよ…」。何かの
コマーシャルにあるとおり、立山は富士山、白山とともに日本三霊
山(三名山)に数えられ、越中では男子16歳になると立山に登らな
いと男として一人前になれないといわれたという。

主峰雄山は立山山岳信仰の中心地で、山頂には雄山神社があります。
この雄山の山頂付近に咲き乱れる高山植物のお花畑があり、登山者
の目を楽しませてくれます。

ここにはもと千蛇ヶ池という池があり、恐ろしい大蛇がたくさんす
んでいたという。大蛇は夜になると人里に降りてきては人を殺した
り、家畜を盗んだりのし放題。

見かねた立山権現は大蛇たちを神殿に集め「いまのようなことをし
ていると、この世には人間がいなくなってしまう。お前たちだって
食べるものがなくなって困るだろう。

ここにある草花の種をやるから池のほとりにまいて、芽が出るまで
池に潜って待っておれ。そのうちに人間も増えるだろう」と諭しま
した。なるほどいわれてみればもっともな話です。

大蛇たちは種をまいて池に潜りました。立山権現はそれを見すます
と、池の上に毎日毎日大雪を降らせ大蛇たちを雪の下に永久に封じ
込めてしまいました。

雪は大雪渓になり、やがて溶けはじめると大蛇たちがまいた高山植
物の花が咲きはじめ、いまのお花畑になったということです。その
後大蛇たちはどうなったのかは知りません。

・立山雄山【データ】
【山名・異名・由来】
・雄山(おやま)・神の山の御山が雄山に結びついた。

【所在地】
・富山県中新川郡立山町。富山地方鉄道立山駅の東22キロ。富山地
方鉄道立山駅からケーブル、美女平からバス、室堂から2時間30分
で雄山。一等三角点(標高2991.6m)と写真測量による標高点(30
03m)と雄山神社がある。地形図に雄山の山名と雄山神社に標高点
の標高と南方85mに三角点の記号とその標高の記載あり。

【ご利益】
・【雄山神社奥宮】:家業繁栄・縁結び・厄除開運

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第49 番選定):日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(第43 番選定)
・田中澄江選定(1981年)「花の百名山」(第55 番選定)

【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
・【雄山標高点】緯度経度:北緯36度34分23.49秒、東経137度37分0
4.38秒
・【雄山一等三角点】緯度経度:北緯36度34分21.23秒、東経137度3
7分2.85秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード:TR15437648901)(点名:立山)
(冠字選点番号:以 16)(種別等級:一等三角点)(成果状態:
正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 36°34′21.247、
経度 137°37′02.8618)(標高:2991.59m)(現況状態:正常 199
80715)(所在地:富山県中新川郡立山町大字芦峅寺外一字入会字立
山)(点の記図:閲覧可)

【地図】
・2万5千分の1地形図「立山(高山)」or「黒部湖(高山) 」(2図
葉名と重なる)。5万分の1地形図「高山−立山」

【山行】
・第2日目:1987年(昭和62)9月13日(日・くもり)立山雄山探
訪:1987年(昭和62)9月12日(土)夜行〜9月15日(火)「上野駅・
立山駅・室堂・雄山・剣沢小屋・剱岳・三ノ窓・小窓・池の平山・
仙人池・二股・真砂沢山荘前・ハシゴ谷乗越・内蔵助出合・下の廊
下出合・黒部ダム・扇沢・大糸線信濃大町駅・松本駅・新宿駅」:
「剱岳から小窓・仙人池」東京野歩路会山行に同行

【参考】
・「山の伝説・日本アルプス編」青木純二(丁未出版)1930年(昭
和5)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・「続・植物と神話」近藤米吉編著(雪華社)1976年(昭和51)
・「山の伝説」青木純二著(丁未出版社)から
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成4)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】