とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼707号 「北ア白馬岳・蓮華温泉縁起」

・【概略】
金鉱探しに山々を巡り歩いていた上杉謙信の家臣。白馬岳山ろくで
見つけた黄金の石。発見の知らせに謙信は金鉱発掘のため大勢の人
夫を山中に送り込んだ。しかし掘れども掘れども金は出ず、ついに
熱湯が吹き出た。人々はこれを黄金湯と呼び、いまの蓮華温泉にな
ったという。

▼707号 「北ア白馬岳・蓮華温泉縁起」

【本文】
戦国時代、北アルプス白馬岳の北麓中腹に武士がひとりいました。
この武士は、越後春日山城主・上杉謙信の家臣で金鉱探索の命を受
け、各地の山々を巡っている途中でした。

武士はひょんなことから村の子供から黄金色に光る石をもらい、金
鉱脈がこのあたりにあると確信しました。その報告を受けた謙信は
早速発掘のため、大勢の人夫を山中に送り込みました。

いままで人もろくにいなかった山中に小屋がならび、来る日も来る
日も発掘が続けられました。

ある日、掘られた穴からお湯が噴き出しました。人夫たちは大騒ぎ。
お湯はますます勢いを増し、ものすごい音響で噴き出ています。

その後人々はこの温泉を「黄金湯」と呼ぶようになり、いまの蓮華
温泉の元になったということです。

かなり以前、白馬大雪渓から白馬岳、雪倉岳、朝日岳経由、五輪尾
根を通り、やっとたどり着いた蓮華温泉。連日当たった太陽で日に
焼けた体に熱い温泉の湯が痛くてお湯に入れません。

息子と二人、洗い場の隅で湯船を恨めしく眺めながら、水でうすめ
たぬるいお湯を浴びるばかり。

当時、平岩駅までの道路が工事の真っ最中。バスに乗っていても腑
が飛び出るようなゆれ方、平岩駅についてほっとした思い出があり
ます。

▼【データ】
【山名】蓮華岳(れんげだけ)・烏帽子岳・北針ノ木岳。針ノ木岳
や北葛岳など周辺の山々をハスの花弁に見立てその中心のこの山を
蓮華岳と呼んだのだという。

【所在地】
・長野県大町市と富山県中新川郡立山町との境。大糸線信濃大町駅
の北西14キロ。JR大糸線信濃大町駅からバス、扇沢から歩いて5
時間で蓮華岳。二等三角点(2798.6m)がある。

【位置】
・三角点:【緯度経度】北緯36度32分8.75秒、東経137度42分37.96
秒(電子国土ポータルWebシステムから検索)

【基準点の詳細】
・基準点:(基準点コード:TR25437653701)(点名:蓮華岳)(冠字
選点番号:由 4)(種別等級:二等三角点)(成果状態:正常)(測
地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 36°32′08.6904、経度 137
°42′37.938)(標高:2798.61m)(現況状態:正常 19991001)(所
在地:長野県大町市大字野口字カワゲエリ2118)(点の記図:
閲覧可)。(国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「黒部湖(高山)」(国土地理院「地図閲覧
サービス」で検索)。5万分の1地形図「高山−立山」(「電子国土
ポータルWebシステム」から検索)

【山行】白馬岳から朝日岳・蓮華温泉
・第4日:1980年(昭和55)8月8日(金):「白馬駅・猿倉・白馬
尻・大雪渓・白馬岳・三国境・鉢ヶ岳・赤男山・雪倉岳・朝日岳・
五輪尾根・蓮華温泉・平岩駅」

【参考】
・「山の伝説・日本アルプス編」青木純二(丁未出版)1930年(昭
和5)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】