とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼705号「暖地海岸の里山の花・ツワブキ」

・【概略】
ツワブキはツヤブキ。フキに似た葉に艶があるためついた名。暗い
里山を明るくしてくれるような黄色い目立つ美しい花。日本原産で、
花は舌状花と管状花からなっている。観賞用にもなっている。石蕗
の日陰は寒し猫の鼻 抱一。
・キク科ツワブキ属の常緑多年草

▼705号「暖地海岸の里山の花・ツワブキ」

【本文】
晩秋から初冬、里山に咲く花にツワブキがあります。ツワブキはツ
ヤブキだといいます。フキによく似た葉に艶があるためについた名
前だそうです。

ツワブキは葉がいつも青く、花の少ない冬に黄色の美しい花を咲か
せます。海岸のガケや低い里山の尾根を歩くとき木陰などでよく見
かけます。

また低山歩きでも、樹林の暗い里山を明るくしてくれるように黄色
い美しい花が目立ちます。ツワブキは日本原産だという。10月から
1月、高さ50〜80センチの太い花茎を出し、たくさんの頭花を円す
い花序に咲かせます。

舌状花と管状花からなっていて、花茎は4〜6センチ。大きな葉に
は組織細胞を引き締めるというタンニン、細菌の侵入を防ぎ、皮膚
の損傷部を保護するという葉緑素というものがあって、軽いやけど、
はれもの、うちみなどの民間療法に利用されています。

ツワブキはまた山菜としても料理されます。若い葉の茎をフキと同
じようにアクを抜いて、ゴマ和え、酢みそ和え、白和え、油みそ煮、
甘煮、つくだ煮、塩漬けに利用すると専門書に項目がならんでいま
す。

観賞用にもなっていて庭に植えられ、園芸品種もたくさんあります。
石蕗の日陰は寒し猫の鼻 抱一。
・キク科ツワブキ属の常緑多年草

【参考】
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)
・「世界の植物・1」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「植物の世界・1」(朝日新聞社)1996年(平成8)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】