とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼697号 「山の植物・秋空に映えるナナカマドの実」

【概略】
秋山を見事な色で彩るナナカマドの材は堅く、7つの竈で燃しても、
7回竈にくべてもまだまだ燃えないのでナナカマドというのだと
か。雷もあきれて寄りつかず、雷よけになるといいうからすごい木
です。東京の植木屋さんはライデンボクというそうです。
・バラ科ナナマカド属の深山に生える落葉高木

▼697号 「山の植物・秋空に映えるナナカマドの実」

【本文】
「雲脱がぬ穂高へ紅しななかまど」藤原零子。秋の山を彩るナナカ
マドは、葉の美しさもさることながら、真っ赤な実は、葉が落ちた
あともあくまで高く青い秋空に映えています。

ナナカマドは七竈と書き、その名は、木が堅く「かまどの中に7回
に入れて燃やしても燃えない」くらいだとか、あるいは「7つのか
まどに入れても燃えない」ようだ、というところからきているのだ
そうです。

ナナカマドの堅い木材は、ろくろの材料や彫刻の用材としてもって
こい。また、この木を植えると、「雷よけ」になるという言い伝え
もあり、東京の植木屋さんでは雷電木(らいでんぼく)の異名で通
用しているそうです。

高山でよく目にするのはタカネナナカマド、ウラジロナナカマドで
す。

ある年の秋、北アルプスの剱岳の仙人池から剱沢二股へ下山。途中、
ナナカマドが色づいていました。

とくに真っ赤に輝く実の向こうに裏剱の岩峰が荒々しくそびえ、あ
れが小窓であれが三ノ窓雪渓。天気はあくまでもよく、下山するの
が惜しいくらいでした。
・バラ科ナナマカド属の深山に生える落葉高木

・【データ】
【参考文献】
・「植物と神話」近藤米吉編著(雪華社)1973年(昭和48)
・「植物の世界・5」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「世界の植物・5」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】