とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼694号 「山の植物・ゴゼンタチバナの赤い実」

【概略】
秋の山歩き、うっかり踏んでしまいそうな小さな実。白山の御前峰
で発見し、カラタチバナのように赤く熟す高山植物。ゴゼンタチバ
ナは6枚の葉が車輪のようにつき、その真ん中に総苞片をつけ、中
央に20〜30個花を咲かせ実を結ぶ。
・ミズキ科ゴゼンタチバナ属の小形常緑多年草

▼694号 「山の植物・ゴゼンタチバナの赤い実」

【本文】
秋の山歩き、うっかり踏んでしまいそうな小さな赤い実。山道の岩
の間に生えたゴゼンタチバナの実に登山者は声をかけ合います。

ゴゼンタチバナは漢字で御前橘。この草は北陸白山の最高峰の御前
峰(2702m)で発見されました。

そして実がカラタチバナ(ヤブコウジ科)のように真っ赤に熟すの
でこんな名前がつけられたという。

ゴゼンタチバナは6枚の葉が車輪のようにつき、7月ごろ、その真
ん中に白い4枚の花びらをつけます。ところが実はこれは総苞片だ
そうです。本物の花は中央に20〜30個集まっている芯のようなもの
というから分かりません。

草の高さは7〜12センチと小さい。葉は楕円形で実は2枚が向かい
合って生えています。そこから腋生した短い枝にそれぞれ2枚ずつ
葉がまた向かい合って生えているので、上からみると、まるで6枚
の葉が輪生しているように見えます。

車輪のような葉の様子から覚えやすい野草です。北海道から本州、
四国の亜高山の針葉樹林の下に分布しています。
・ミズキ科ゴゼンタチバナ属の小形常緑多年草

・【データ】
【参考】
・「世界の植物・3」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「植物の世界・4」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)
・「日本の野草」(山と渓谷社)1961年(昭和36)
・「日本大百科全書」全25巻(小学館)1989年(平成1)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】