とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼690号 「山の花・クリンソウ」

【概略】
クリンソウは九輪草。五重の塔の「九輪」のように花が何層にも輪
生して咲いている。思わず数えてみたくなる。「九輪草四、五輪草
でしまひけり」一茶もそうしてみたらしい。7輪くらいまではあっ
たのか七輪草の名もある。
・サクラソウ科サクラソウ属の多年草

▼690号 「山の花・クリンソウ」

【本文】
野草にクリンソウという花があります。日本特産だそうです。日本
産のサクラソウ属の中で一番大きく、まさに王者というほどの花で
す。

この花の栽培の歴史は古く、江戸時代初めの「草花絵前集」という
本に「色は白、紫、とび入りなどさまざまあり」との記載がありま
す。

しかしよく栽培されているサクラソウのように、いままでに伝わる
ような園芸品種は生まれなかったという。

イギリスのロバート・フォーチュンは江戸時代末、その見聞記「江
戸と北京」のなかで、「目に触れた植物の中で、もっとも心をひか
れた花はクリンソウだった。豊かな赤紫色のその花は丈がほぼ60セ
ンチの茎の上に重なり合ってならんでいた。今後、サクラソウの女
王の座を占めることは間違いないだろう」と絶賛しています。

フォーチュンはクリンソウの種子を故国に持ち帰ったらしく、10年
後に出版されたカーチスの「植物図譜」で紹介されているという。

クリンソウの花は深紅色、淡紅色から白花品まで、いろいろな変異
種があるという。クリンソウは漢字で九輪草。五重の塔の「九輪」
のように花が何層にも輪生しているからといいます。

茎の下部から順に咲いていき、誰でも数えてみたくなります。しか
し九輪まで咲いているのはそうあるわけではありません。

「九輪草四、五輪草でしまひけり」小林一茶も数えてみたらしい。
7輪くらいまではあったのか七輪草の名もあります。
・サクラソウ科サクラソウ属の多年草。

【データ】
【参考】
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)
・「世界の植物・2」(朝日新聞社)1976年(昭和51)
・「植物の世界・6」(朝日新聞社)1995年(平成7)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】