とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼682号 「関東地方西部の岩場の花・コイワザクラ」

【概略】
かつて5月のゴールデンウイークには箱根・金時山でもコイワザク
ラが見られたという。しかし乱獲で激減しているというけれどいま
はどうだろうか。関東の山でも、丹沢の奥など人の滅多に入らない
岩場では紅紫色の花を見せてくれている。
・サクラソウ科サクラソウ属の小形の多年草

▼682号 「関東地方西部の岩場の花・コイワザクラ」

【本文】
紅紫色の5弁花で切れ込みがありサクラの花によく似たサクラソウ
という野草があります。その岩に生えるのがイワザワラです。また、
その小さいのがコイワザクラです。

サクラソウは、江戸時代初期から盛んに栽培されていたそうで品種
がたくさんあります。一方、コイワザクラは江戸時代も末期、フラ
ンス人の医者と植物学者の共著によって「日本植物目録」という本
に初めて発表されたといいます。

日本列島特産で、富士山周辺、箱根、丹沢山などの関東地方西部の
岩場が分布場所。数枚の葉が根もとにつき、円形または腎臓形をし
ていて、花は5月に咲き、高さ5〜10センチの花茎に1〜5個の花
をつけます。

最近は、盗掘があとをたたず、名所も少なくなりました。箱根など
でも5月の連休に見られる数少ない花のひとつです。しかし、生育
地として知られる金時山でも乱獲され、すっかり見られなくなって
しまいました。

コイワザクラは葉の形に変化があり、南アルプスには、コイワザク
ラの変種で、葉の切れ込みが深いクモイコザクラがあります。

なお、石灰岩採掘で心配されている埼玉県武甲山固有種のチチブイ
ワザクラは、保護指定地に移植され、毎年4、5月に地元の自治体
で展示もしており、絶滅の心配はないといいます。
・サクラソウ科サクラソウ属の小型の多年草

・【データ】
【参考】
・「植物の世界・6」(朝日新聞社)1995年(平成7)
・「世界の植物・2」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】