とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼681号「熊野古道十津川村五百瀬の腰抜田」

【概略】
南北朝時代、南朝・後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王の家来・村上
義光は、芋瀬の荘司の家来を田んぼの中に投げ飛ばし、親王の錦の
御旗を奪い返した。投げ飛ばされた家来はそのまま腰を抜かしてし
まった。以来そこを腰抜田といっているという。
・奈良県十津川村五百瀬

▼681号「熊野古道十津川村五百瀬の腰抜田」

【本文】
2004年(平成16)に世界遺産に登録された熊野古道。その高野山か
ら熊野本宮に続く小辺路(こへじ)・奈良県十津川村五百瀬(芋瀬
・いもぜ)地区に腰抜田(こしぬけだ)という石碑があります。

ここは南北朝時代、南朝・後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王(おお
とうのみやもりながしんのう・法名尊雲・1308〜35)が北朝方から
逃れて、吉野へ落ちる時に通ったところという。

その時、芋瀬の荘司(しょうじ・荘園の管理者)に助けを頼みまし
たが、すでに幕府から護良親王追討との達しが届いていました。荘
司は「本来なら親王を捕らえねばなりませぬが、それはあまりにも
忍びない。戦って逃げられたということにしたい」。

ついては証拠として錦の旗を置いて行くようにとのこと。親王は、
仕方なく旗を置いていきました。しばらくして親王一行に遅れて家
来の村上彦四郎義光(源義光・よしてる・?〜1333)がやってきま
した。

義光は、荘司の館に錦の御旗があるのを見つけ、理由を聞いて激し
く怒り荘司の家来を田んぼの中に投げ飛ばし、旗を奪い返します。
家来はそのまま腰を抜かしたので、そこを腰抜田というようになり
ました。田は明治22年の水害で川底に水没したということです。

・腰抜田【データ】
【山名・異名】
・腰抜田(こしぬけだ)

【所在地】
・奈良県吉野郡十津川村五百瀬。JR和歌山線五条駅から奈良交通
バス上野地下車、十津川村営バス乗り換え、三浦口停留所下車歩い
て20分で腰抜田。地形図上には何も記載なし

【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
・【腰抜田】緯度経度:北緯34度02分9.54秒、東経135度41分35.29


【地図】
・2万5千分の1地形図「伯母子岳(和歌山)」

【山行】
・第5日目:2004年(平成16)4月4日(日)雨。腰抜田探訪:20
04年(平成16)3月31日(水)〜4月9日(金)「京都駅・吉野・青
根ヶ峰・蜻蛉の滝・大滝バス停・大和上市駅・吉野口駅乗り換え・
五条駅乗り換え・極楽橋駅・高野山奥ノ院・薄峠・熊野古道小辺路
・萱小屋跡・五百瀬・十津川温泉・熊野ワクワクの郷キャンプ場・
熊野大社・新宮駅・那智の滝・新宮駅・名古屋駅」:「吉野・金峰山
・蜻蛉の滝・高野山・小辺路・熊野神宮・那智の滝縦走」家内と同


【参考】
・「太平記・巻第五」大塔宮熊野落ちの事:日本文学全集・8「太
平記」尾崎士郎訳(河出書房新社)1961年(昭和36)
・「太平記・巻第五」大塔宮熊野落ちの事:日本古典文学大系新装
版「太平記・一」後藤丹治・釜田喜三郎校注(岩波書店)
・「日本伝奇伝説大事典」編者・乾勝己ほか(角川書店)1990年(平
成2)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】