とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼680号 「北ア奧穂高岳物草太郎の祠」

【概略】
奥穂高岳山頂の祠は綿津見命とその子・穂高見命をまつっている。
しかしちまたではもっぱら物くさ太郎だとしている。「御伽草子」
の物くさ太郎は120歳まで生き、死後「おたがの明神」となったと
している。おたがの明神は穂高の明神として通っています。
・長野県安曇村と岐阜県上宝村との境。

▼680号 「北ア奧穂高岳物草太郎の祠」

【本文】
皆さんは奥穂高山頂にある祠の神をご存じですか。祠は長野県穂高
町と長野県安曇村上高地にある穂高神社(穂高大明神)の山宮にな
っています。

祭っている神は綿津見命とその子・穂高見命、瓊瓊杵尊となってい
ますが、ちまたではもっぱらあの物草太郎をまつっていることにな
っています。

物草太郎が信濃の中将に出世して京から帰って120歳まで生き、死
後、物草太郎ははおたがの大明神に、妻はあさいの権現になってあ
らわれたと「御伽草子」という本に書かれています。

「おたが」の明神とは、「愛宕」とか「御多賀」といわれてきまし
たが、普通は「穂高」の訛りだというのが一番広く使われているそ
うです。

江戸時代の松本藩の総合書「信府統記」に、文徳天皇の世に信濃の
国の信濃中将という人が穂高神社を造営した。これこそ物草太郎と
称えた人。

当社のうちに若宮大明神の宮がありこの中将をまつっている、とあ
ります。いまでも穂高神社を俗に物ぐさ太郎の宮といい、太郎の塚
もあります。

・奥穂高岳【データ】
【山名・異名】
奧穂高岳(おくほたかだけ)

【所在地】
・長野県松本市安曇(旧南安曇郡安曇村)と岐阜県高山市上宝町(旧
岐阜県吉城郡上宝村)との境。篠ノ井線松本駅の北東29キロ。松本
電鉄新島々からバス上高地下車、重太郎新道経由歩いて8時間30で
奧穂高岳。写真測量による標高点(3190m)と穂高神社の山宮の祠
がある。地形図上には山名と標高点とその標高のみ記載。標高点よ
り北方向直線約480mに穂高岳山荘がある。

【ご利益】
・【穂高神社奥宮】:福徳開運・交通安全

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第55番選定):日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(第64番選定・岐阜県)
・清水栄一選定「信州百名山」(第69番選定)

【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
・【標高点】緯度経度:北緯36度17分21.18秒、東経137度38分52.74


【地図】
・2万5千分の1地形図「穂高岳(高山)」

【山行】
・第4日目:1986年(昭和61)5月5日(月・晴れ)奧穂高岳探訪
:1986年(昭和61)5月2日(金)〜6日(火)「新宿西口センタービ
ル前バス・上高地・涸沢(泊)・北穂高往復・奥穂高小屋往復(泊)
・前穂北尾根・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢(泊)・上高地・松本駅
・新宿駅」:「穂高・涸沢合宿・前穂北尾根」東京野歩路会山行

【参考】
・「山の傳説・日本アルプス編」青木純二(丁未出版)1930年(昭
和5)
・「信州の伝説」(日本の伝説・3)浅川欽一ほか(角川書店)1976
年(昭和51)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】