とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼678号 「山の花・爺婆のシュンラン」

【概略】
林の下などに生え、春早く咲くラン科の植物で、地味な花ですが線
状にのびた葉とつり合いが美しく可愛いい。一名ホクロというのは
花弁にあるはん点が、顔のほくろに似ているところから。方言では
ジジババというおもしろい名前がつけられています。
・ラン科シュンラン属の多年草

▼678号 「山の花・爺婆のシュンラン」

【本文】
シュンランは漢字で春蘭と書くように、春早く咲くラン科の植物。
林の下などに生えていて、10〜20センチの花茎をだして緑色を帯び
た花を1つ咲かせます。

地味ですが線状にのびた葉とつり合いが美しく可愛いい花です。爺
婆(ジイバア)というおもしろい名前もあります。

「爺」は唇弁の上にある頭の丸いずい柱のこと、婆は紫紅色の斑点
のある唇弁をいったものだそうです。「婆」に見立てた唇弁の斑点
を人間の顔のほくろに見たてて、「ホクロ」という異名もあります。

江戸時代から観賞用として栽培され、1664年(江戸前期)に成立し
た「花壇綱目」には栽培法と赤花のことが載っています。

いまの赤花系は1939年(昭和14年)新潟県村松町でみつかった品種
で「多摩の夕映え」が代表的なもの。その他朱紅金色・紅色・橙赤
色・赤紫色などいろいろな銘柄があるという。

花を塩漬け、ウメ酢漬けにして、熱湯を注いでラン茶に、吸いもの
の浮かしにに利用。ナマの花を酢のものにしたり、湯がいてあえ物
に。また以前は太めの根を火であぶり、たたいてアカギレの薬にし
たそうです。
・ラン科シュンラン属の多年草

【参考】
・「世界の植物・8」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「植物の世界・9」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「日本大百科全書・11」(小学館)1986年(昭和61)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】