とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼675号 「山の植物・蟻も怖がるアリドオシ」

【概略】
アリドオシは漢字で蟻通し。いかにも蟻をも通すような鋭い細い針
をもっている植物。このアリドオシを「有り通し」と縁起をかつぎ、
やはり赤い実のなる1両(アカモノ)から万両(マンリョウ)まで
を一緒に寄せ植えして「年中お金が有り通し」といってと楽しむ。
・アカネ科アリドオシ属の常緑小低木

▼675号 「山の植物・蟻も怖がるアリドオシ」

【本文】
山を歩いていると、妙な植物に出会います。蟻さんを刺し通さんば
かりに鋭いトゲが生えているアリドオシ。一目で逃げ出す感じです。
植物の枝といえば葉腋(茎の一部分で葉の付着点のすぐ上)から出
るのがふつうです。

それなのにアリドオシは枝(トゲ)は托葉(葉の付け根にある1対
の葉片のような器官)の腋から出ています。図鑑によればこれは例
外中の例外なのだそうです。

それにしても「蟻通し」とはスゴイ名前です。このトゲはみんな印
象に残るのか中国では虎を刺す「虎刺」というというから話がでか
い。高さ30〜60センチくらい。枝は二股に分枝をくりかえし、葉は
1節おきに大きいものと小さいものがつきます。

5月ごろ、葉腋に1から2個、筒形の白い花を咲かせます。果実は
直径5〜6ミリで、冬に赤く熟します。

これをアカモノ(1両)、ヤブコウジ(10両)、カラタチバナ(100
両)、センリョウやマンリョウといっしょに植えて「一両、十両、
百両、千両、万両、年中有り通し」などと縁起をかついで楽しみま
す。

・アカネ科アリドオシ属の常緑小低木 山地のやや乾いた樹林下に
生え、関東地方以西、四国、九州、沖縄に分布。

・【データ】
【参考】
・「植物の世界・2」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「世界の植物・2」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「日本大百科全書・1」(小学館)1984年(昭和59)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】