とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼665号 「長野県・南木曾の泣きびそ岳」

【概略】
南木曾岳も箱根の足柄山(金時山)と同じ金太郎伝説の山。山姥伝
説からアゲロウ山とも呼ばれ、山中には「金時ノ洞窟」、山頂付近
に金時岩もある。気流の関係でいつも霧がかかり雨が降るので泣き
びそ岳(泣き味噌・泣き虫)とも呼ばれている。
・長野県南木曽町

▼665号 「長野県・南木曾の泣きびそ岳」

【本文】
木曽御嶽・木曽駒ヶ岳とともに「木曽の三岳」に数えられる南木曾
岳も金時伝説の山です。江戸時代の本に山中の洞窟に山姥の石座と
いわれる石があるとあり、山姥が坂田金時を生み育てたという伝説
があります。

金明水の近くに「金時ノ洞窟」があって対岸から洞窟が望め、また
山頂付近にも金時岩があります。この山は気流の影響でいつも霧が
かかり雨が降り出すというので「泣きびそ岳」の名もあるそうです。

泣きびそとは泣き味噌・泣き虫のこと。また揚籠山(あげろうやま)
の名もあります。文献にある揚籠山の山名にまつわる坂田金時伝説
というのは、山姥伝説の山・新潟県の「上路の山」にちなむのでし
ょうか。謡曲「山姥」にも出てくる山名です。

この山は大雨が降ると蛇抜け(山津波)が発生する魔の山。こんな
ところから恐ろしい山姥の山という伝説が生まれたのでしょうか。

8月の暑さまっ盛り、アブの大群に襲われます。途中、垂直状の岩
場のクサリ場と巻き道がつくられています。山頂は誰もいない静か
な小平地。見晴台から望む木曽御嶽が雄大でした。

・南木曽岳【データ】
【山名】・なぎそだけ

【異名】
・泣きびそ岳。揚籠山(あげろうやま)

【由来】
・いつも霧がかかり雨が降り出す。山姥伝説の上路の山にちなむ?。

【所在地】
・長野県木曽郡南木曽町。中央本線南木曾駅の東3キロ。JR中央
本線南木曾駅からバス尾越下車、さらに歩いて4時間で南木曾岳。
二等三角点(1676.9m)と写真測量による標高点(1679m)がある。
地形図上には山名と三角点とその標高と、標高点とその標高のみ記
載。付近に何も記載なし。

【名山】
・日本山岳会選定「日本三百名山」(第261番選定):日本百名山以
外に200山を加えたもの。
・清水栄一選定「信州百名山」(第92番選定)

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【標高点】緯度経度:北緯35度35分33.14秒、東経137度38分39.9

・【二等三角点】緯度経度:北緯35度35分30.45秒、東経137度38分
37.05秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード:TR25337350101)(点名:南木
曾)(冠字選点番号:美 2)(種別等級:二等三角点)(基準点成果
状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°35′30.
4948、経度 137°38′37.0397)(標高:1676.93m)(基準点現況状
態:報告なし 00000000)(所在地:長野県木曽郡南木曽町字南木曽
岳)(点の記図:×)

【点の記】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・閲覧不可

【地図】
・2万5千分の1地形図「南木曽岳(飯田)」。5万分の1地形図「飯
田−妻籠」

【山行】
・第4日目・2004年(平成16)7月31日(土・晴れ)南木曾岳探訪
:2004年(平成16)7月28日(水)〜8月3日(火)「駒ヶ根駅(無
人)・ロープウエイ・千畳敷・木曽駒ヶ岳・敬神の滝・寝覚ノ床・
上松駅・南木曾駅・尾越バス停・南木曾岳山麓蘭キャンプ場・南木
曾岳・蘭キャンプ場・尾越バス停・南木曾駅・中津川駅・ウエスト
ン公園停留所(川上)・恵那神社・恵那山前宮ルート登山口河原・
中の小屋跡・空峠神坂峠ルート分岐・恵那山・恵那山神社・ウエス
トン公園・中津川駅」:「木曽駒ヶ岳・南木曾岳・恵那山」中ア単独
縦走

【参考】
・「信州山岳百科・2」(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)
・「遠山奇談」【後編】1801年(亨和元・きょうわ)発行前編より3
年後に著した。(浄林坊辨惠著)筆名華誘居士:「日本庶民生活史料
集成」第16巻(奇談・紀聞)(山一書房)1989年(平成元)
・「日本歴史地名大系20・長野県の地名」(平凡社)1979年(昭和54)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】