とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼663号 「当薬なみの効き目・トウヤクリンドウ」

【概略】
リンドウは漢字で竜胆。昔から苦いものの代表は熊のキモ。しかし
リンドウの漢方薬はもっと苦い。まるで熊の上を行く「竜」のキモ
のようだからだという。当薬(センブリ)と同じように乾燥して胃
腸薬にできるため、かつて薬にするため多量に採取し、一時期より
は数が減ってきているという。
・リンドウ科リンドウ属の高山岩石地に生える多年草

▼663号 「当薬なみの効き目・トウヤクリンドウ」

【本文】
「竜胆(リンドウ)や朝襞消ゆる槍穂高」(中島斌雄)という俳句
があります。目的の山頂はまだ遠くガスの中。足元にリンドウの花
を見つけます。

しばし、肩に食い込むザックの重さを忘れさせてくれます。リンド
ウは漢字で竜胆と書きます。昔から苦いものの代表は熊のキモと決
まっています。

しかしリンドウの漢方薬はもっと苦い。まるで熊の上を行く「竜」
のキモのようだからだそうです。ほんとかいな。

リンドウの仲間は変異種が多く、なんとかリンドウ、かんとかリン
ドウと手に負えません。しかし登山者がおなじみなのはトウヤクリ
ンドウ。

高山の礫地に生えています。鐘状の花は淡黄色で緑色の斑点があり、
普通のリンドウと色が違うのですぐ分かります。日光を受けると咲
き、天気の悪い日には花筒を閉じてしまいます。

ほかの高山植物がほとんど終わる8月半ばころによく目立っていま
す。

その名は当薬(センブリ)と同じように乾燥して胃腸薬にできると
ころからその名があるといいます。以前は薬にするため多量に採取
し一時期よりは数が減ってきているそうです。
・リンドウ科リンドウ属の高山岩石地に生える多年草

【データ】
【参考】
・「世界の植物・2」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「植物の世界・3」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「日本大百科全書・16」(小学館)1987年(昭和62)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】