とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼662号 「ハクバ岳とシロウマ高山植物」

【概略】
白馬岳の高山植物で、シロウマの名のつくものだけでも15種とも20
種以上あるという。そこでどのくらいあるのか、あちこちの図鑑の
寄せ集めながら調べてみた。しかし18種しかどうしても見つからな
い。全部を列記した図鑑はないようだ。
・長野県白馬村と富山県朝日町との境。

▼662号 「ハクバ岳とシロウマ高山植物」

【本文】
花の白馬岳というだけあってこの山の植物は800種にものぼり、シ
ロウマの名のつくものだけでも15種とも20種以上もあるといいま
す。

ところで白馬岳の名をハクバと呼び、観光営利に利用するようにな
ったと懸念した博物学者・矢沢米三郎は、「白馬岳」(昭和5年)の
中で、さすがに植物学者は白馬岳に関係ある植物にシロウマをつけ
たのは、山の正しい名前をそのまま残そうとする態度が伺われる、
というような意味のことを書いています。

そこで、シロウマとつく植物名はどのくらいあるのでしょうか。あ
ちこちの図鑑の寄せ集めながら調べてみました。

しかしシロウマアカバナ・シロウマアサツキ・シロウマイタチシダ
・シロウマイノデ・シロウマウスユキソウ・シロウマエビラフジ・
シロウマオウギ・シロウマスゲ・シロウマゼキショウ・シロウマタ
ンポポ・シロウマチドリ・シロウマツガザクラ・シロウマナズナ・
シロウマノガリヤス・シロウマヒメスゲ・シロウマミゾゴケ・シロ
ウマヤリカツギ・シロウマリンドウの18種しかどうしても見つかり
ませんでした。(全部列記した図鑑はないようです)

・白馬岳【データ】
【山名】しろうまだけ

【異名】
・大蓮華山(おおれんげやま)

【由来】
・苗代づくりの目安になる黒い馬の雪形が由来。苗かき代馬岳が代
馬(しろうま)になり白馬岳になった。山頂の山名案内板は、1916
年(大正5)に新田次郎の小説「強力伝」のモデルとなった強力た
ちが持ち上げたものとされている。

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第45番選定):日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(第54番選定)
・清水栄一選定「信州百名山」(第54番選定)
・田中澄江選定(1981年)「花の百名山」(第68番選定)
・田中澄江選定(1995年)「新・花の百名山」(第69 番選定)

【所在地】
・長野県北安曇郡白馬村と富山県下新川郡朝日町との境。大糸線白
馬駅の北西10キロ。JR大糸線白馬駅からバス、猿倉から大雪渓経
由6時間15分で白馬岳。一等三角点(標高2932.2m)と山名案内板
がある。地形図に山名と三角点記号と標高2932.2m文字と南側に石
碑の記載あり。三角点より南南西方向362mに白馬山荘がある。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【三角点】緯度経度:北緯36度45分30.71秒、東経137度45分30.77


【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード::TR1553716000)(点名:白
馬岳)(冠字選点番号:館 6)(種別等級:一等三角点)(基準点成
果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 36°45′3
0.6402、経度 137°45′30.7761)(標高:2932.24m)(基準点現況
状態:露出 20081001)(所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城字
松川9461)(点の記図:閲覧可)

【地図】
・2万5千分の1地形図「白馬岳(富山)」。5万分の1地形図「富
山−白馬岳」

【山行】
・第3日目:1990年(平成2)8月3日(金・晴れ)白馬岳探訪:19
90年(平成2)8月1日(水)〜5日(日)「新宿駅・白馬駅・栂池ヒュ
ッテ・白馬大池・白馬岳・杓子岳・鑓温泉・猿倉・白馬駅・新宿
駅」:「白馬岳・鑓温泉」ヤマケイ白馬岳自然調査取材

【参考】
・「山の紋章・雪形」田淵行男著(学習研究社)1981年(昭和56)
・「世界の植物・全120巻」(週刊朝日百科)(朝日新聞社)1978年
(昭和53)
・「植物の世界・号」(週刊朝日百科)(朝日新聞社)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】