とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼661号 「中ア木曽御嶽・コマクサとおこま母さん」

【概略】
信濃の小諸近くに住む「おこま」母さんは病気の娘の「おいち」の
ため木曽の御嶽神社祈願。神のお告げで御嶽山に咲くピンクの花を
探しだし、花の汁を飲ませたところ、娘はみるみる快方に向かいつ
いに全快。それを聞いた村人たちは、それからはその草を「おこま
草」と呼ぶようになったという。
・長野県王滝村と木曽町との境

▼661号 「中ア木曽御嶽・コマクサとおこま母さん」

【本文】
木曽御嶽山のコマクサは薬草として知られています。かつて御嶽山
の霊薬「お百草」の原料はコマクサ。しかし乱獲気味になりいまは
「キハダ」を代用としているという。

その昔、信濃の小諸近くの村に「おこま」と「おいち」という母娘
がつつましく住んでいました。ある冬、娘の「おいち」が原因不明
の病気にかかってしまい、どんな医者の診せても、どんな薬を飲ま
せても日に日に病は重くなるばかり。

心配になった「おこま」母さんは木曽の御嶽神社に行って願をかけ
ました。満願の日、母親は夢の中で小草に咲く美しいピンクの花を
見ました。

通りがかりの行者に話すと、その花は御嶽の頂上に咲いているとの
こと。これは神のお告げに違いない。喜んだ母親は元気を取り戻し
御嶽山に登り、夢で見た草を探し当て飛ぶように下りました。

家に帰り、早速「おいち」に花の汁を飲ませたところ、娘の頬はみ
るみる赤みがさして、難病も次第に快方に向かいついに全快したと
いう。

それを聞いた村人たちは、それからはその草を「おこま草」と呼ぶ
ようになったということです。

・木曽御嶽剣ヶ峰【データ】
【所在地】
・長野県木曽郡王滝村と長野県木曽郡木曽町(旧木曽郡三岳村)と
の境。中央本線木曽福島駅の北西20キロ。JR中央本線木曽福島駅
からバス、田の原から歩いて4時間20分で木曽御嶽剣ヶ峰。一等三
角点(3063.4m)とすぐ西隣に写真測量による標高点(3067m・標
石はない)がある。御嶽神社の奥社がある。山頂北直下に一の池が
ある。地形図に山名と三角点の標高、標高点の標高と神社(鳥居)
記号の記載あり。付近に何も記載なし

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第60番選定):日本二百名山、日本
三百名山にも含まれる。
・田中澄江選定「花の百名山」(第71番選定)
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(第63番選定・長野県)

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【標高点】緯度経度:北緯35度53分34.74秒、東経137度28分49.55

・【三角点】緯度経度:北緯35度53分35.06秒、東経137度28分50.3


【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード:TR15337636801)(点名:御岳
山)(冠字選点番号:館 8)(種別等級:一等三角点)(成果状態:
正常)(測地系:世界測地系)(緯度 35°53′35.1455、経度 137°
28′50.3202)(標高3063.41m)(現況状態:正常 19990618)(所在
地:長野県木曽郡木曽町)(点の記図:閲覧可)

【地図】
・2万5千分の1地形図「御嶽山(飯田)」。5万分の1地形図「飯
田−御嶽山」

【山行】
・第5日目:1992年(平成4)9月8日(火・快晴)木曽御嶽山探
訪:1992年(平成4)9月4日(金)〜10日(木)「新宿駅・駒ヶ
根駅・千畳敷・木曽駒ヶ岳・濃ヶ池・麦草岳・上松駅・木曽福島駅
・田の原・木曽御嶽山八合目石室・王滝口頂上・剣ヶ峰・飛騨頂上
・三ノ池・田の原・木曽福島駅・茅野駅・親湯入口・蓼科山・親湯
入口・茅野駅・新宿駅」:「木曽駒ヶ岳・麦草岳・木曽御嶽・蓼科
山」単独行

【参考】
・「植物の世界・8」清水建美(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「世界の植物」清水建美(朝日新聞社)1977年(昭和52)
・「続・植物と神話」近藤米吉編著(雪華社)1974年(昭和49)
・「花の伝説・高山植物」文・稲田由衣、絵・外谷恵子(株式会社
ナカザワ)
・「日本の民話300」池原昭治(木馬書館)1993年(平成5)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】