とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼660号 「白山・ハクサンコザクラと避難小屋」

【概略】
9月、白山御前ヶ峰で突然、土砂降りの雨とドカ〜ンと雷。ずぶ濡
れのまま歩き続け避難小屋に逃げ込んだ。翌日も狂ったような雨と
雷鳴。篠突く雨と雷で人っ子ひとり通らないまる2日。このあたり、
シーズンはハクサンコザクラが群生する小桜平という所。小桜平避
難小屋だった。
・石川県白山市

▼660号 「白山・ハクサンコザクラと避難小屋」

【本文】
高山植物のハクサンコザクラは、北陸の白山で採取されたことから
その名があります。夏にサクラソウに似て花びらが5裂した紅紫色
の花を咲かせます。

かつてはこれをナンキンコザクラと呼んでいたそうで、牧野富太郎
博士の「新日本植物図鑑」にもハクサンコザクラはかっこでくくっ
てあります。

ところが、サクラソウの1品種に同じ名のナンキンコザクラという
のがあるというから具合が悪い。そこで区別するため、高山植物の
権威者・武田久吉博士がハクサンコザクラと命名したといいます。

9月、白山御前ヶ峰で突然、土砂降りの雨とともにドカ〜ンと頭上
で雷。ずぶ濡れのままなんとか避難小屋に逃げ込みました。翌日も
狂ったような雨と雷鳴。

北陸一帯に大雨・雷・洪水警報とのラジオ放送。台風が前線を刺激
しているらしい。きょうは停滞と決め小屋の中に濡れたものを干し
寝袋の中にもぐり込みます。

篠突く雨と雷で人っ子ひとり通らないまる2日。こうして寝泊まり
していると、こんな避難小屋にも愛着が出てきます。それもそのは
ず、このあたり、シーズンはハクサンコザクラが群生する小桜平と
いう所。

小桜平避難小屋だったのでした。咲き誇る時期はどんな風景だろう
か。もう一度満開の時期に来てみたいものと、横なぐりの雨が吹き
つけて川のような状態になった小屋の前の小道を眺めました。

・小桜平【データ】
【地名】こざくらだいら。

【所在地】
・石川県白山市(旧石川郡尾口村)。北陸鉄道鶴来駅からバス、白
山一里野バス停下車、歩いて7時間20分で小桜平避難小屋。地形図
には「小桜平ヒュッテ」の文字のみ記載。標高なし。付近に何も記
載なし。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【小桜平避難小屋】緯度経度:北緯36度12分03.4秒、東経136度45
分27.29

【地図】
・2万5千分の1地形図「新岩間温泉(金沢)」&「白峰(金沢)」(2
図葉名と重なる)

【山行】
・第6日目:2004年(平成16)9月4日(土)白山御前峰探訪:20
04年(平成16)8月30日(月)夜行〜9月8日(水)「東京駅・米
原駅乗り換え・福井駅・越前大野駅・勝原駅・勝原キャンプ場・カ
ドハラスキー場駐車場・シャクナゲ平・荒島岳・勝原キャンプ場
(泊)・勝原駅前(大野市営バス)鳩ヶ湯・上小池キャンプ場・剣
ヶ岩の看板直下ビバーク・三ノ峰避難小屋・南竜山荘キャンプ場
(泊)・御前峰・小桜平避難小屋(泊)停滞・山崎旅館(泊)・瀬女
バス停・金沢駅特急はくたか・越後湯沢駅・新幹線・上野駅」:「北
陸「荒島岳・別山・白山御前峰・大汝峰」家内と同行
第7日目:04年9月5日(日・大雨と雷)。停滞

【参考】
・「植物の世界・2」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「世界の植物・6」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「日本の伝説3・信州の伝説」浅川欽一ほか(角川書店)1976年
(昭和51)
・「日本の民話300」池原昭治(木馬書館)1993年(平成5)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】