とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼656号 「高山のアイドル・ミヤマキンバイ」

【概略】
高山植物でおなじみのミヤマキンバイは、漢字で深山金梅。深山(み
やま)に生える黄色(金色)の、梅に似た花の意味だという。湿っ
た草地や雪田のまわりに群がって生え、大きな橙黄色の花が群生す
るさまに登山者も思わず立ち止まる。
・バラ科キジムシロ属の多年草

▼656号 「高山のアイドル・ミヤマキンバイ」

【本文】
登山者の心を癒してくれるお花畑。そのなかで湿った草地や雪田の
まわりに群がるミヤマキンバイの花も見事です。太く横にはう茎、
高さ10センチくらいでななめにはい上がっています。

葉っぱは三出複葉というから、枝の先端に3枚の小さな葉がついて
います。その小葉はつやがあって、1.5から3センチ。葉のふちは
鋸の歯のようにギザギザがあります。

茎は上の方で枝分かれしています。夏に花茎の先端に黄色い径2セ
ンチくらいの5弁花を数個咲かせます。花弁の先端はへこんでいま
す。大きな橙黄色の花が群生するさまに登山者も思わず立ち止まり
ます。

ミヤマキンバイは、漢字で深山金梅。深山(みやま)に生える黄色
(金色)の梅に似た花の意味だという。中部地方以北の本州、北海
道に分布。日本特産。

よく似たものにシナノキンバイがあります。しかし、こちらは茎の
高さが70センチにもなり、花も径3から4センチと大きく、葉が手
のひらのように5つに裂けています。

これはキンポウゲ科の植物で深山に生えるキンバイソウの仲間で
す。
・バラ科キジムシロ属の多年草

・【データ】
【参考】
・「高山植物」(野外ハンドブック・8)小野幹雄ほか(山と渓谷社)
1985年(昭和60)
・「植物の世界・5」(朝日新聞社)1995年(平成7)
・「世界の植物・5」(朝日新聞社)1976年(昭和51)
・「日本の野草」(山と渓谷社)1983年(昭和58)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】