とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼653号 「山の花・わずかに花柄ニッコウキスゲ」

【概略】
ニッコウキスゲの標準和名はゼンテイカ。かつては北海道のものを
エゾゼンテイカ、本州のものをニッコウキスゲと区別していたとい
う。花は濃い橙黄色の6弁花。以前は朝咲いて夕方しぼむ1日花と
いわれていたが、実際には2日花で、朝咲いてそのまま夜を過ごし、
翌日の夕方にしぼむのだという。
・ユリ科キスゲ属(ワスレグサ属とも)の多年草

▼653号 「山の花・わずかに花柄ニッコウキスゲ」

【本文】
ニッコウキスゲの標準和名はゼンテイカ(禅庭花)。別名セッテイ
カというそうです。ゼンテイカでも東北地方南部から北のものは花
の柄(首)がなく、花被片も質が厚く、表面にたてに溝がならぶ傾
向があるそうです。これがゼンテイカの基本種だとか。

これに対して関東や中部のものは花に短いが柄があり、花被片がや
ややせて肉が薄い。そんなことから、以前は北海道のものをエゾゼ
ンテイカ、本州のものをニッコウキスゲと区別していたそうです。

しかし、あちこちの野生種を調べてみるとどうもはっきりとは分け
ることは難しいようです。そこで両方ひっくるめてゼンテイカと呼
んでいるのだそうです。

ニッコウキスゲの群落は長野県の霧ヶ峰・尾瀬・東北の飯豊山・福
島県の雄国沼・栃木県の霧降高原が有名です。花茎は高さ60センチ
くらい。花は濃い橙黄色の6弁花。

以前は朝咲いて夕方しぼむ1日花といわれていましたが、実際には
2日花で、朝咲いてそのまま夜を過ごし、翌日の夕方にしぼむのだ
そうです。名前の禅庭花・別名セッテイカの意味は不明という。

これによく似た花にユウスゲがあります。花の色が淡く、夕方の開
いて次の日の午前にしぼんでしまいます。
・ユリ科キスゲ属(ワスレグサ属とも)の多年草

・【データ】
【参考】
・「世界の植物・9」(朝日新聞社)1977年(昭和52)
・「植物の世界・10」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「日本大百科全書・17」(小学館)1989年(平成1)
・「花おりおり」湯浅浩史ほか著(朝日新聞社刊)2002年(平成14)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

 

 

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】