とよだ 時・山の伝承民俗画
山旅イラスト【ひとり画通信】(ひとり画展)

▼638号 「奥秩父金峰山麓・長野川上村の石仏」

【概略】
馬頭観音塔の信仰は弘法大師が唐から日本に伝えたもの。しかし、
いまのように道ばたに建てたのは江戸時代中期から。のち、農家の
牛の数が増えるにつれ、馬だけでなく牛を供養する「牛頭観音」も
出現。金峰山のふもと川上村にも馬頭牛がならんでいる。いまは「豚
頭観音」まであると聞いた。
・長野県川上村

▼638号 「奥秩父金峰山麓・長野川上村の石仏」

【本文】
道の辻などでよく見かける馬頭観音の石塔は、昔、農作業の大切な
動力として働いた馬を供養するために建てたものだそうです。

この信仰は弘法大師が唐へ修行に行ってから日本に伝わったもの
で、鎌倉時代、武家社会の中で流行したとのこと。いまのように道
ばたに建立するようになるのは江戸時代中期からだそうです。

のち、農作業の使役に馬よりも牛の方を飼う農家が次第に増えてい
きました。そこで牛を供養する「牛頭観音」も出現することになり
ます。

ここ高原野菜の主産地として有名な長野県川上村川端下(かわはけ)
地区にも馬頭観音と牛頭観音がならんで建っています。

ここは農耕の神としてあがめられた金峰山(きんぷさん・金峰山(き
んぷさん・2599m)の北麓にあり千曲川の源流にあたる台地です。
かつては川の下流一帯・北信濃地方の人までが金峰山へ参拝に訪れ
たため、にぎわった道だという。

昭和63年(1988)年建立の新しいものも混じって石碑群はいまでも
供物が絶えず、耕耘機やクルマの行き交う村道を見下ろしています。
ちなみにいまは「豚頭観音」まであると聞きますがご存じの方いま
せんでしょうか。

・川端下【データ】

【所在地】
・長野県南佐久郡川上村(合併せず)。JR小海線信濃川上駅から
バス終点川端下下車。地形図上には地名の記載

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【川端下】北緯35度56分17.05秒、東経138度38分43.00秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「居倉(甲府)」

【山行】
・第2日目:1994年(平成6)4月29日(金)長野県川端下探訪:19
94年(平成6)4月28日(木)〜5月1日(日)「新宿駅・韮崎駅・富士
見平・金峰山・朝日岳・大弛峠・国師ヶ岳・廻り目平・川端下バス
停・信濃川上駅・小淵沢駅・新宿駅」:「金峰山・大弛峠・川端下
(かわはけ)」家内と縦走

【参考】
・「宿なし百神」川口謙二著(東京美術刊)1979年(昭和54)
・「日本石仏事典」庚申懇話会(雄山閣)1979年(昭和54)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】