とよだ 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼627号「日光・古峰ヶ原の天狗隼人坊」

【概略】
古峰神社は、もと山伏の道場だったが、明治の廃仏棄釈で神道に切
り替えた神社。しかし参拝者は天狗がお目当てに来たという。ここ
は三つの石が重なっている古峰神社の奥社。抜けるような青空。ベ
ンチに陣取りガスに火をつける。ラーメンがやたらとうまい。時間
が止まったようなひとときだった。
・栃木県鹿沼市

▼627号「日光・古峰ヶ原の天狗隼人坊」

【本文】
天狗で有名な古峰ヶ原(こぶがはら)の古峰(ふるみね)神社は、
もともと山伏の道場でしたが、明治初年の廃仏棄釈で山岳仏教から
神道に切り替えた神社。

しかし参拝者は古くから信奉されてきた天狗がお目当てでやってき
ます。

天狗の名は隼人坊(はやとぼう)。大峰山の前鬼後鬼(ぜんきごき)
の子の妙鬼童(みょうきどう)といわれ、山伏宿を守る石原家は代
々前鬼隼人坊を名乗り、祖先はこの妙鬼童だとされています。

江戸時代の文政7年、日光社参奉行の水野出羽守(でわのかみ)が
日光奥山の天狗たちに、古峰ヶ原の隼人坊の名を使い「来年徳川将
軍家が日光に来るので山中の天狗は当日は遠州の秋葉山や、豊州の
英彦山(ひこさん)に一時撤去するよう」との高札を出したという
文書が残っています。

家康の化身だという日光の天狗・東光坊(とうこうぼう)が押さえ
きれなかった奥山の天狗たちも隼人坊にはかなわなかったというエ
ピソードです。

ここは三つの石が重なっている古峰神社の奥社。適当に開けた気持
ちのいい平地です。社の中に大石が食い込んでいます。扉には天狗
のうちわが飾られています。

かつてここにあった道場で山伏たちが修行したとの立て札がありま
す。抜けるような青空。

ベンチに陣取りガスに火をつけます。立ち上る湯気、ほおばるラー
メンがやたらとうまい。時間が止まったようなひとときです。心い
くまで休んだあと、古峰神社を目指して尾根を下ったのでありまし
た。

・古峰ヶ原三枚石【データ】
【山名・地名】古峰ヶ原(こぶがはら)

【所在地】
・栃木県鹿沼市。東武鉄道日光線新鹿沼駅からバス、終点古峰神社
下車。さらに歩いて2時間で三枚石。お堂と石碑、ベンチなどがあ
る。地形図に三枚石の地名と鳥居マークのみ記載。付近に何も記載
なし。

【ご利益】
・【古峰神社奥宮】:火防守護、勝利 祈願、海上安全、大漁

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【三枚石】緯度経度:北緯36度38分19.48秒、東経139度30分34.32


【地図】
・2万5千分の1地形図「古峰原(宇都宮)」

【山行】
・第2日:03年9月10日(水・快晴)古峰ヶ原三枚石探訪:2003年
9月9日(火)〜10日(水)「東武浅草駅・ 東武日光駅・中善寺温
泉・茶ノ木平登山口・薬師岳・夕日岳三ツ目(テント)・地蔵岳・
行者岳・ 大天狗之大神・古峰ヶ原峠・三枚石(古峰ヶ原神社奥社
・古峰ヶ原神社(関東バス)・新鹿沼駅・東武浅草駅」:「日光から
古峰ヶ原」家内と同行

【参考】
・「古峰ヶ原の信仰」中川光喜:(「山岳宗教史研究叢書・8」(日光
山と関東の修験道)宮田登・宮本袈裟雄編(名著出版)1979年(昭和
54)所収
・「図聚 天狗列伝・東日本編」知切光歳著(三樹書房)1977年(昭
和52)
・「天狗の研究」知切光歳(大陸書房)1975年(昭和50)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】