とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼612号 「奈良・高天彦神社土蜘蛛窟」

【前文】
ここも神話の高天原伝承地。昔、ここに土蜘蛛が住んでいたという。
土蜘蛛は鬼と同じように、古代、朝廷に従属しない先住の人々をよ
ぶ蔑視語。伝説では矢で射殺され、蜘蛛塚に埋められたという。蜘
蛛窟は杉林の中、径2m位の場所がコンクリートで固められ石碑も
建っている。
・奈良県御所市

▼612号 「奈良・高天彦神社土蜘蛛窟」

【本文】
『古事記』や『日本書紀』などの神話伝説に出てくる高天原はこ
こだという所は各地にありますが、ここ奈良県御所市高天集落も
そのひとつです。

『日本書紀』(神代上・かみのよかみのまき)に出てくる高皇産霊
神(たかみむすびのかみ)、『古事記』(上つ巻)に出てくる高御産
巣日神(たかみむすびのかみ)を祭神とする高天彦神社もありま
す。

昔、ここに土蜘蛛が住んでいたという。土蜘蛛は鬼と同じように、
古代、朝廷に従属しない先住の人々をよぶ蔑視語。伝説によれば、
土蜘蛛はサルチ(猿伐)という所から矢で射殺され、蜘蛛塚に埋
められたという。

かなり前の4月、吉野・山上ヶ岳・洞川集落などを歩くついでに、
高天彦神社から土蜘蛛の住処だったという蜘蛛の窟を訪ねました。
夕べ、東京駅から大垣夜行に乗り名古屋駅から紀勢本線・関西本
線経由、王子駅乗り換え和歌山線御所駅下車、一言主神社を訪ね、
歩き通しで寝不足も手伝ってかなりきつい。

蜘蛛窟は杉林の中にあり、径2m位の場所がコンクリートで固め
られ石碑も建っています。そこから伸びる踏み跡が一本続いてい
ます。

途中でザックをおろし、踏み跡をたどりますが行っても行っても。
結構な距離をいや〜歩いた歩いた。やっとたどり着いてみれば枯
れ葉で埋まった同じようなくぼ地がポツン。登山靴で切り株を蹴
りつけてやりました。

▼【データ】
【所在地】
・奈良県御所市高天。JR和歌山線御所駅から歩いて3時間で高天
彦神社。地形図には鳥居マークのみ記載。社名、標高ともになし。
付近に何も記載なし

【位置】
・【高天彦神社】緯度経度:北緯34度25分04.77秒、東経135度41分4
5.61秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「五條(和歌山)」or「御所(和歌山)」(2
図葉名と重なる)(国土地理院「地図閲覧サービス」から検索)。

【山行】奈良一言主神・金剛山・吉野金峰山・山上ヶ岳・吉祥草寺
・第1日目:1995年(平成7)4月4日(火)奈良県高天彦神社探
訪:1995年(平成7)4月4日(火)〜4月10日(月)「東京駅・
名古屋駅・亀山駅・王子駅・御所駅・一言主神社・蜘蛛窟・高天彦
神社・金剛山・北宇智駅・吉野口駅・吉野駅・金峰神社・青根ヶ峰
・山上ヶ岳・洞川・茅原吉祥草寺・下市口駅・玉手駅・吉祥草寺・
大和二見駅・丹生狩場明神社・五所駅・王子駅・亀山駅・名古屋駅
・東京駅」:単独行

【参考】
・「角川日本地名大辞典29・奈良県」永島福太郎ほか編(角川書店)
1990年(平成2)
・「日本歴史地名大系30・奈良県の地名」(平凡社)1981年(昭和56)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】