とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼592号 「八ツ阿弥陀岳・御小屋尾根不動清水」

【概略】
赤岳西方の阿弥陀岳から東へのびる御小屋尾根。阿弥陀岳から1時
間下ったところにある不動清水。水場への細道をカモシカが通せん
ぼ。お前がどけろ、そっちこそと、しばらくにらみ合った。そのう
ちピッと声を出し、崖下に姿を消した
・長野県茅野市と原村との境。

▼592号 「八ツ阿弥陀岳・御小屋尾根不動清水」

【本文】
長野県八ヶ岳の赤岳西方の阿弥陀岳から東へのびる御小屋尾根があ
ります。尾根上にある御小屋山は、諏訪大社の御柱祭の神木の切り
出す山。

そのためか諏訪大社上社、御小屋山、阿弥陀岳、赤岳は一直線上に
ならんでいます。

阿弥陀岳から1時間も下ったところにある水場はさすが山伏の山ら
しく不動清水の名がついています。

ある秋、尾根からちょっとはずれた水場へいってみました。重なっ
た枯れ葉の細道をしばらく行ったところでカモシカが山道にはだか
り通せんぼしています。

お前がどけろ、そっちこそと、しばらくにらみ合いを続けました。
そのうちカモシカがピッと声を出し、崖下にたちまち姿を消しまし
た。

清水を呑んでから気がつきました。カモシカははじめから人間なん
か相手にしていなかったのだ。ウーム、やはり野生はエライ!

・【データ】
【所在地】
・長野県茅野市と原村との境。JR中央線茅野駅からバス、美濃戸
口終点から歩いて3時間半で御小屋山。三等三角点(2136.7m)が
ある。そのほか付近に何もなし。地形図上には標高数字のみ記載。
山名記載なし。付近に何も記載なし。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【等三角点】緯度経度:北緯35度58分25.96秒、東経138度19分53.
38秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード:TR35338726601)(点名:鷹打
場)(冠字選点番号:玉 26)(種別等級:三等三角点)(基準点成
果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°58′2
5.8748、経度 138°19′53.4281)(標高:2136.71m)(基準点現況
状態:報告なし 00000000)(所在地:記載なし)(点の記図:×)。

・【点の記】
・閲覧不可

【地図】
・2万5千分の1地形図「八ヶ岳西部(甲府)」。5万分の1地形図
「甲府−八ヶ岳」

【山行】
・第3日:2001年(平成13)9月16日(日・くもり)御小屋山探訪:
2001年(平成13)9月14日(金)〜18日(火)「高尾駅・茅野駅・美
濃戸口バス停・行者小屋・赤岳・横岳・硫黄岳・赤岳鉱泉・行者小
屋・阿弥陀岳・御小屋尾根・美濃戸口・行者小屋・赤岳・県界尾根
・大天狗・町営キャンプ場・清里駅・小淵沢駅・八王子駅」:「八ツ
岳縦走」

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/