とよだ 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼590号 「北ア槍・西鎌尾根千丈乗越」

【概略】
槍を十字路に東西南北に延びる北鎌、南鎌、東鎌、西鎌の尾根。鎌
尾根とは鎌の刃のような細い尾根。槍の肩から1時間半も下った西
鎌尾根千丈沢乗越で男性が座り込んで携帯で連絡。仲間が肩で手を
振っている。再び立ち上がったがまだまだ先は遠い。
・長野県松本市と岐阜県高山市との境。

▼590号 「北ア槍・西鎌尾根千丈乗越」

【本文】
北アルプスを象徴する槍・穂高。その槍ヶ岳を十字路に東西南北に
延びる北鎌、南鎌、東鎌、西鎌の尾根。鎌尾根とは鎌の刃のような
細い尾根で、青壮年期の山地の特徴だという。

槍の山頂から見る西鎌尾根は、なんとなく心を誘います。この尾根
は双六岳から三俣蓮華岳に続く裏銀座ルートです。急きょ計画を変
更、今夜は双六小屋テント場と決めました。

西鎌尾根を1時間半も下った千丈沢乗越で男性がひとり、ケイタイ
をかけています。聞けば歩く気力がなく仲間に追いつず連絡してい
るといいます。

そういえば槍ヶ岳の肩で2、3人心配そうに見降ろしていたっけ。
槍は目の前、頑張って。声をかけたら汗を拭き拭き立ち上がりまし
た。

しばらくして振り返ったらまだ道標の近くで座っています。夕方も
近くなりました。仲間が迎えに来たのでしょうか。ちょっと気にな
った一こまでした。

ちなみに槍ヶ岳は、長野県と岐阜県の境にあるように見えますがよ
く見ると、県境を通っているのは小屋のある山頂の肩で、三角点の
ある穂先は長野県に出っ張っています。

・【データ】
【所在地】
・長野県松本市安曇(旧南安曇郡安曇村)と岐阜県高山市上宝町(旧
同県吉城郡上宝村)との境。篠ノ井線松本駅の北西35キロ。松本電
鉄新島々駅からバス、上高地から歩いて延べ12時間で千丈沢乗越。
地形図に地名の記載なし。乗越より西北約72mに写真測量による標
高点(2734m)がある。乗越より東方向直線約866mに槍岳山荘が
ある。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【千丈沢乗越】緯度経度:北緯36度20分33.43秒、東経137度38分7.
34秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「槍ヶ岳(高山)」

【山行】
・第3日目):2002年7月25日(木・晴れ):2002年7月23日
(火)〜31日(水)「新宿バスターミナル・新穂高温泉・槍ヶ岳・
双六岳・新穂高温泉・ロープウエイ・西穂高岳・焼岳・上高地・徳
沢・蝶ヶ岳・三ツ股・キャンプ場・穂高駅・松本駅・高尾駅」:「北
アルプス縦走」渡辺・滝口さんと同行・西穂山荘から単独行

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/