とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼585号 「北ア・常念坊と満願寺」

【概略】
常念岳の雪形にもなっている常念坊。一説に常念坊は満願寺の住職
で常念岳を開山したとか、また長野県堀金村では正福院の修験者だ
ったともいう。ある年、満願寺へ寄って住職に会った。「聞いたこ
とがない」知らないといわれればとりつくしまがない。たしかに複
数の本に載っているんだがな?
・長野県安曇野市

▼585号 「北ア・常念坊と満願寺」

【本文】
北ア・常念岳(2857m)は、かつてはまゆみ岳と呼んでいたらしい
という。乗鞍岳とも呼んでいましたが、江戸時代の享保9(1724)
年の地誌「信府統記」に常念岳と記載されていることから、以後常
念岳が通称としてほぼ定着したといわれます。

この山は怪僧常念坊伝説が有名です。雪形にもなってあらわれ、4
月上旬から下旬にかけて前常念岳の東側にお坊さんの形になりま
す。

またその名は、穂高町の満願寺の住職・常念坊が開山したからとも、
田尻村(いまの堀金村)の正福院(明治維新に廃寺)の修験者常念
坊が登るようになったからともいわれています。

こんな話もあります。平安時代、坂上田村麻呂が有明山の岩屋に住
む魏石鬼(ぎしき)八面大王を討伐した時、大王の手下の常念坊と
いう鬼が空を飛び、まゆみ岳(常念岳)に逃げ岩屋に住みついたと
いう。

この鬼はよく念仏を唱えていという。常念坊は毎年里で市が開かれ
と酒を買いにあらわれ、五合徳利を差し出し「五升入れてくれ」と
いう。酒屋が徳利についでみると不思議なことにこの徳利に五升の
酒が入ってしまうという。

不思議な出来事に「あれはまゆみ岳の常念坊だ」というようになり、
いつか常念岳が通用するようになったという。

また山麓の村々では正月の飾りつけをする時、神棚の前に「山姥の
松」を立てて、お神酒をあげて常念坊の精が町の市にやってくるの
を待つ慣わしがあるという(「日本山岳ルーツ大辞典」)。

ある8月、下山したついでに満願寺へ寄って住職に聞きました。「さ
あ、聞いたことがない」知らないといわれればとりつくしまがない。

たしかに複数の本に載っているんだがな?ちなみに「常念が峰だけ
出て雲が帯のようにひくと雨になる」「常念に朝日が当たるとその
日は晴れ」などの言い伝えがあります。

・【データ】
【所在地】
・長野県安曇野市(旧南安曇郡穂高町)穂高町大字牧1812。JR大
糸線穂高駅の西5.5キロ。JR大糸線穂高駅下車タクシー15分で
満願寺。地形図に寺名のみ記載。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【満願寺】緯度経度:北緯36度19分51.17秒、東経137度49分10.8


【地図】
・2万5千分の1地形図「信濃小倉(高山)」or「有明(高山)」(2
図葉名と重なる)

【山行】
・第8日:2002年(平成14)7月30日(火・晴れ)満願寺探訪:20
02年(平成14)7月23日(火)〜31日(水)「新宿バスターミナル
・新穂高温泉・槍ヶ岳・双六岳・新穂高温泉・ロープウエイ・西穂
高岳・焼岳・上高地・徳沢・蝶ヶ岳・三ツ股・キャンプ場・穂高駅
・松本駅・高尾駅」】:「北アルプス縦走」渡辺・滝口さんと同行・
西穂山荘から単独行

【参考】
・「日本歴史地名大系20・長野県の地名」(平凡社)1979年(昭和54)
・『日本山岳総覧』武内正著(白山書房)1999年12月20日
・『日本の山岳標高一覧』建設省国土地理院(平成3年8月)
・「秘録・北アルプス物語」朝日新聞松本支局(郷土出版)1982年
(昭和57)

山と田園の画文ライター
ゆ-もぁイラストレーター
【とよだ 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/