とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼582号 「北ア・焼岳中尾峠」

【概略】
戦国時代、飛騨高山の城主・三木秀綱は城を捨て信州に逃れた。中
尾峠を通り上高地で秀綱は坂巻温泉へ、奥方は徳本峠から島々谷へ
と別れたという。中尾峠から上高地までは梯子や鎖が続く。こんな
所を一行が?そうだ当時は爆発で大正池も出来ていないはず。別の
ルートがあったのだ。
・長野県松本市と岐阜県高山市との境

▼582号 「北ア・焼岳中尾峠」

【本文】
突然ですが、天正13(1585)年、豊臣秀吉の将・金森長近の猛攻で
飛騨高山の城主・三木秀綱は大野郡の松倉城を捨て、信州に逃れま
した。

北アルプス焼岳北峰の中尾峠を通り、上高地へ出て、そこで奥方と
別れ、別々に逃れることになりました。秀綱は坂巻温泉へ下り、奥
方は徳本峠をへて島々谷を下りました。

奥方は途中、島々谷で木こりに見つかってしまいました。木こりた
ちから見れば、こんな山奥にいるはずのない高貴なお方がお供とト
ボトボとあらわれた。しかも見たこともない高価な衣装を着たまま。

「??これは狐に違いない。なにか悪さなどせぬうち、引っ捕らえ
て化けの皮をはがせ」と奥方をあろう事か真っ裸にして木に吊して
しまいました。

翌日、村人は狐の様子を見にやってきました。奥方は木こりたちを
を睨みながら息を引き取りました。村人はさては狐ではなかったか。
大変なことをしてしまったと大騒ぎ。それ以来、村に変死者が相次
ぎます。

一方、三木秀綱も奈川村の農民に襲われ無念の最期。恐れをなした
た村人は集落に社を建て、2人を一緒に祭ったということです。

先年の7月、岐阜県側から焼岳に登り、中尾峠を通り上高地まで歩
いてみました。このルートは結構梯子や鎖が続いています。

昔、こんな所を一行が通れたのか、と思いましたが、そうだ当時は
爆発で大正池もまだ出来ていないはずです。当時は小倉村から大滝
山を越え、上口(いまの上高地)の湯屋を通って焼岳の肩の中尾峠
を越えていたという。別のルートがあったんですね。

・【データ】
【所在地】
・長野県松本市(旧南安曇郡安曇村)と岐阜県高山市上宝町(旧岐
阜県吉城郡上宝村)との境。篠ノ井線松本駅の西34キロ。松本電鉄
新島々駅からバス、上高地から歩いて4時間50分で中尾峠(標高21
00m・等高線から)。そのほか付近に何もなし。地形図上には峠名
のみ記載。峠より北東方向直線約230mに新中尾峠がある。峠より
北東方向直線約380mに焼岳小屋がある。

【名峠】
・郷土出版社版「定本信州百峠」(第59番選定)

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【中尾峠】緯度経度:北緯36度14分04.01秒、東経137度35分27.77


【地図】
・2万5千分の1地形図「焼岳(高山)」

【山行】
・第6日:2002年(平成14)7月28日(日・晴れ)中尾峠探訪:20
02年(平成14)7月23日(火)〜31日(水)「新宿バスターミナル
・新穂高温泉・槍ヶ岳・双六岳・新穂高温泉・ロープウエイ・西穂
高岳・焼岳・上高地・徳沢・蝶ヶ岳・三ツ股・キャンプ場・穂高駅
・松本駅・高尾駅」:「北アルプス縦走」渡辺・滝口さんと同行・西
穂山荘から単独行

【参考】
・『北アルプス物語』朝日新聞松本支局編(郷土出版社)1982年(昭
和57)
・『信州峠百科』井出孫六ほか監修(郷土出版社)1995年(平成7)
・「信州百名山」清水栄一著(桐原書店)1990年(平成2)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/