とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼575号 「丹沢・加入道山のオオバコ」

【概略】
オオバコは人の靴などについて広がるという人なつこい植物。人の
踏み固めた道が好きで、廃道になると消滅するというから親近感の
持てる草だ。ここ北丹沢・加入道山群生している。大雨にぬれて加
入道避難小屋に飛び込んだ。2mはあろう大ヘビが茂みの中に消え
ていった。
・神奈川県山北町(避難小屋は神奈川県側)

▼575号 「丹沢・加入道山のオオバコ」

丹沢の北側にある加入道山は、いまはバスの便も良くなり日帰りも
できますが、以前は山梨県道志側からでも1、2泊は必要だったと
ころ。

山名は、このあたりには鹿が多く、鹿入道(かにゅうどう)と呼ん
でいたものが、いつしか鹿が加の文字に変わったという説などがあ
ります。

山頂わきには避難小屋があって、こんなところにもオオバコが群生
しています。オオバコは人について広がるという何とも人なつこい
植物。

オオバコは、広くて大きいので大葉子。まさに名の由来は葉っぱに
あります。この葉をあぶって、指先で軽くもむと表皮がふくれて、
まるでカエルのたいこ腹のようになります。

そのせいか、ゲェロッパなどカエルの葉を意味する方言がたくさん
あります。オオバコの種子は水気を帯びると粘り気が出て、人の靴
のうらや昔の牛馬車について広がる植物。

人間の踏み固めた道が適地で、それが廃道になり、人が通らなくな
ると自然に消滅するというからなんとも不思議な植物です。

3年ほど前、夏山訓練を兼ねて白石峠下の水場のある休憩所にテン
トを張りに行ったことがありました。翌日は篠突くような大雨に、
加入道避難小屋に逃げ込みました。

2mはあろうかというヘビがオオバコの葉の中を通って茂みの中に
消えていきます。止みそうもない大雨に飛び出して下山。下着から
水分がしたたっています。

途中で一風呂浴びて服は着替えたが、財布のなかのお札までビッシ
ョリ。駅についても自動販売機が使えませんでした。
・オオバコ科オオバコ属の多年草

・【データ】
【所在地】
・神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村との境。中央本
線梁川駅の南11キロ。小田急線新松田駅からバス、西丹沢終点下車、
歩いて3時間30分で加入道山。三等三角点(1418.4m)と、近くに
避難小屋がある。地形図上には山名と三角点記号とその標高のみ記
載。三角点より南方向直線約672mに白石峠があり、三角点より東
方向直線約487mに馬場峠がある。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【三等三角点】緯度経度:北緯35度30分35.26秒、東経139度2分46.
31秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード:TR35339200301)(点名:加入
道)(冠字選点番号:荒 84)(種別等級:三等三角点)(基準点成
果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°30′3
5.1855、経度 139°02′46.4222)(標高:1418.35m)(基準点現況
状態:正常 20080313)(所在地:記載なし)(点の記図:閲覧×)。

【点の記】
・閲覧不可

【地図】
・2万5千分の1地形図「大室山(東京)」。5万分の1地形図「東
京−上野原」

【山行】
・第2日目:1999年(平成11)6月27日(日・雨)加入道山探訪:19
99年(平成11)6月26日(土)〜27日(日)「本八幡駅・新宿駅・新松田
駅・西丹沢・用木沢出合・林道終点・白石の滝・白石峠・湯ノ花沢
休憩所(泊)・加入道山・大室山・犬越路・用木沢出合・西丹沢・
新松田駅・新宿駅」:「西丹沢野宿」

【参考】
・「かながわの山」植木知司(神奈川合同出版)1981年(昭和56)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/