とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼562号 「北ア・笠ヶ岳のキャンプ場」

【概略】
以前はテント場の近くにトイレがなく、急坂を2、30分歩いて山小屋
まで行かなければならない所も多かった。笠ヶ岳も同様でした。腰
ぐらいの高さのハイマツ帯の中にもぐり込んでいく人がいる。どう
やらハイマツの中がその場所になっているらしい。頭だけが出して
用を足す姿はなんとも滑稽だった。
・岐阜県高山市

▼562号 「北ア・笠ヶ岳のキャンプ場」

【本文】
山のテント場は近くにトイレがなく、山小屋まで行かなければなら
ない所も多い。笠ヶ岳も同様で、小屋まで行くには斜面を20分も登
らなければなりません。

ある夏の暑い日に、新穂高温泉あたりを見物し、近くのキャンプ場
に泊まりました。翌日も朝から暑い。急坂が続く笠新道は蒸れるよ
うです。

やっと着いた笠ヶ岳のテント場。ザックを放り投げ、一番端っこの
ハイマツの群生したそばに張りました。やれやれと手足を伸ばしお
やつを食べ、イッパイやりながら夕食の支度をします。

すると時々、ハイマツの中にもぐり込んでいく人がいます。不思議
に思っていたら、どうやらハイマツの中がその場所になっているら
しい。

急場の時、斜面をはい上がって山小屋まで行くのはつらい。面倒な
気持ちも分からないではありません。

しかし、ハイマツは人の腰ぐらいの高さしかありません。どうして
も頭だけが出てしまいます。上の方の小屋からはまる見えです。

小屋の夕食を待つ宿泊者はヒマをもてあまし、あっちこっちをブラ
ブラしているころです。

かわるがわるハイマツ帯にもぐり込んでいく人たちを見ていて、ず
いぶん滑稽だったに違いありません。(最近は、自分のものは自分
で持ち帰ることになっています)。

・【データ】
【所在地】
・岐阜県高山市上宝町(旧岐阜県吉城郡上宝村)。高山本線高山駅
の北東34キロ。JR高山本線高山駅からバス、新穂高温泉から歩
いて6時間40で笠ヶ岳テント場。そのほか付近に何もなし。地形図
上になにも記載なし。テント場より西方向直線約200mに笠ヶ岳山
荘がある。山荘からさらに南方向280mに笠ヶ岳山頂がある。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【笠ヶ岳テント場】緯度経度:北緯36度19分6秒、東経137度33
分9秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「笠ヶ岳(高山)」。5万分の1地形図「高
山−上高地」

【山行】
・第3日目:1994年(平成6)8月7日(日・快晴)笠ヶ岳探訪:。
1994年(平成6)8月6日(土)〜15日(月)「東京駅・岐阜駅・高山駅
・新穂高温泉・笠ヶ岳・双六岳・黒部五郎岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳
・水晶岳・黒部源流・新穂高温泉・ロープウエイ・西穂山荘・高山
駅・岐阜駅・東京駅」:「北アルプス笠ヶ岳〜黒部源流縦走」家内と
同行

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/