とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼558号 「東北・飯豊山の奇妙な境界線」

【概略】
山形・福島・新潟の県境の飯豊連峰。ところが飯豊山周辺は福島県
だけに属し、先の御西岳付近は新潟県がはずれて山形・福島県境。
つまり稜線の登山道沿いは福島県山都町。ここは古くからの信仰の
山。民衆は昔から里宮のある福島県側から奥ノ院へ登っていたため
こんな形になったという。・福島県喜多方市

▼558号 「東北・飯豊山の奇妙な境界線」

【本文】
山形県、福島県、新潟県にまたがる飯豊連峰。三国山、種蒔山、飯
豊山、御西岳、大日山、北股岳、エブリ差岳などが連なっています。

ところが三国岳(1644m)から主峰の飯豊山(飯豊本山・2105m)
の西2キロ、御西岳(2013m)先の御西小屋付近までは、細長く福
島県山都町が食い込んでいます。それにはこんなわけがあります。

飯豊山は古くからの信仰の山。飛鳥時代、役ノ行者と知道和尚がは
じめて飯豊山に登ったという。

豊かに盛った飯のような山なので「飯豊」と名づけ五社権現をまつ
り、山麓の福島県喜多方市山都町(旧耶麻郡山都町)に薬師寺を建
てて別当寺としたという。いまでも山頂に飯豊山神社の奥社があり、
喜多方市山都町一ノ木に里宮本殿があります。

そのため麓の人々の飯豊本山・飯豊神社への登拝はもっぱら福島県
側から登っという。そのためいまのような形になり、三国岳から飯
豊本山、御西岳先までの約8キロは幅の狭い稜線づたいに奥ノ院へ
の登山道が開かれています。

飯豊山神社は、塀のように高く石が積まれています。その「塀」の
間から中に入り、よく分からないまま参拝。御西岳周辺は高山植物
の宝庫、ニッコウキスゲやチングルマなどお花畑がつづきます。

道ばたにザックをおいて休んでいたら地元の生徒たちの集団登山と
遭遇。通り過ぎるまで待ちくたびれました。

・【データ】
【山名・地名】飯豊山(いいでさん)・飯豊本山(いいでほんざん)

・【異名・由来】飯出山・四季山。西斜面の新潟県北蒲原郡内に温
泉があり「湯出・ゆいで」に由来。また山容が飯を盛ったような形
に由来(652年「会津正統記」)。また「陸奥国風土記」逸文にある
飯豊山のように豊岡姫命・飯豊青尊に由来するなどの説がある。四
季山:夏に登ると万年雪やお花畑があり、さらに風は秋を思わせる
ように冷たいので信者たちは四季山といった。

【所在地】
・御西小屋までは福島県喜多方市山都町(旧耶麻郡山都町)。それ
から先は山形県西置賜郡小国町と新潟県東蒲原郡阿賀町(旧東蒲原
郡鹿瀬町)との境。磐越西線山都駅の北25キロ。JR磐越西線山都
駅かタクシー・川入りからのべ8時間30分で飯豊本山。一等三角点
(2105.1m)と飯豊山神社と本山小屋がある。地形図に山名と三角
点の標高のみ記載。三角点より東方向直線約622mに飯豊山神社と
本山小屋がある。

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第19番選定):日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる。

【ご利益】
・【飯豊山神社奥宮】:五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、身体堅固

・【位置】(地図閲覧サービス)
・【飯豊本山一等三角点(標高2105.1m)】北緯37度51分17.4秒、
東経139度42分25.5秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「飯豊山(新潟)」。5万分の1地形図「新
潟−飯豊山」

【山行】
・第3日目:1985年(昭和60)7月30日(火・晴れ)飯豊本山探訪
:1985年(昭和60)7月28日(日)〜8月1日(木)「山都駅・川入・
三国小屋・切合小屋・草履塚・姥権・飯豊山頂・御西・烏帽子岳・
梅花皮(かいらぎ)岳・門内岳・地神山・鉾立峰・えぶりさし岳(?
差岳)・大熊小屋・セガイ沢・大石・越後下関駅」:「飯豊連峰縦走」

【参考】
・「飯豊山の修験道」中地茂男(「山岳宗教史研究叢書・7」(名著
出版)1977年(昭和52)所収
・「角川日本地名大辞典7・福島県」小林清治ほか編(角川書店)1
981年(昭和56)
・「角川日本地名大辞典6・山形県」誉田慶恩ほか編(角川書店)1
981年(昭和56)
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「新編会津風土記」(巻之二十五〜巻之五十):大日本地誌大系・
第31「新会津風土記2」(雄山閣)1932年(昭和7)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・「日本歴史地名大系7・福島県の地名」(平凡社)1993年(平成5)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/