とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼555号 「八ヶ岳・阿弥陀岳・御小屋山」

【概略】
9月中旬、行者小屋前にテントを張りっぱなしにして阿弥陀岳から
地図上の御小屋山、その先の神社と諏訪神社奥社を訪ねた。途中の
不動清水ではカモシカとにらめっこ。しかしその先の神社や諏訪奥
社はキノコ捕りをしていた地元の人に聞いても分からずじまい。詰
めの甘さをしみじみ痛感。
・長野県茅野市と原村との境。

▼555号 「八ヶ岳・阿弥陀岳・御小屋山」

【本文】
八ヶ岳の主峰赤岳の西にそびえる阿弥陀岳山頂には、二十数基の石
仏がならんでいます。ここも山岳修行道場の一峰。その前山といわ
れるのが御小屋山(2136.7m)で、阿弥陀岳、赤岳はその奥ノ院に
あたります。

とくに御小屋山は、御柱山ともいい、諏訪大社の御柱祭の神木の切
り出す山だそうです。そのためか地図を見ると諏訪大社上社、御小
屋山、阿弥陀岳、赤岳は一直線上にならんだ位置になっています。

9月中旬、赤岳直下の行者小屋前にテントを張りっぱなしにして阿
弥陀岳から地図上の御小屋山、その先の神社と諏訪神社奥社を訪ね
ました。阿弥陀岳では以前所属していた社会人の山岳会のパーティ
ーとバッタリ出会いました。

そこから岩場を下り御小屋山に向かいます。途中の不動清水ではカ
モシカとにらめっこになりました。といっても相手にしていない様
子で、早くもやぶの向こうに姿を消してしまいます。

しかしその先の神社や諏訪奥社が分かりません。地元の人に聞いて
もとうとう分からずじまい。こんどはいつ来られるか。詰めの甘さ
をしみじみ痛感しています。

・【データ】
【所在地】
・長野県茅野市と原村との境。JR中央線茅野駅からバス、美濃戸
口終点から歩いて3時間半で御小屋山。三等三角点(2136.7m)が
ある。そのほか付近に何もなし。地形図上には標高数字のみ記載。
山名記載なし。付近に何も記載なし。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【等三角点】緯度経度:北緯35度58分25.96秒、東経138度19分53.
38秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード:TR35338726601)(点名:鷹打
場)(冠字選点番号:玉 26)(種別等級:三等三角点)(基準点成
果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°58′2
5.8748、経度 138°19′53.4281)(標高:2136.71m)(基準点現況
状態:報告なし 00000000)(所在地:記載なし)(点の記図:×)。

【点の記】
・閲覧不可

【地図】
・2万5千分の1地形図「八ヶ岳西部(甲府)」。5万分の1地形図
「甲府−八ヶ岳」

【山行】
・第3日:2001年(平成13)9月16日(日・くもり)御小屋山探訪:
2001年(平成13)9月14日(金)〜18日(火)「高尾駅・茅野駅・美
濃戸口バス停・行者小屋・赤岳・横岳・硫黄岳・赤岳鉱泉・行者小
屋・阿弥陀岳・御小屋尾根・美濃戸口・行者小屋・赤岳・県界尾根
・大天狗・町営キャンプ場・清里駅・小淵沢駅・八王子駅」:「八ツ
岳縦走」

【参考】
・「角川日本地名大辞典20・長野県」(角川書店)1991年(平成3)
・『信州山岳百科・3』(信濃毎日新聞社)1983年(昭和58)
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/