とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼548号 「中ア木曽駒麦草岳と麦草」

【概略】
木曽駒ヶ岳から西へ少しはずれた麦草岳は静かだ。雪解けがすすむ
と、山の斜面に大蛇の雪形があらわれ、ふもとの上松町の風物詩に
なっている。ハイマツの生えた傾斜地は、春になると緑が鮮やかさ
になりまるで麦草が生えているようなのでその名があるという。
・長野県木曽町と上松町との境。

▼548号 「中ア木曽駒麦草岳と麦草」

【本文】
中央アルプス木曽駒ヶ岳から西へ少しはずれた麦草岳は、にぎやか
な木曽駒山頂とくらべて訪れる人もなくウソのように静かです。麦
草岳山頂直下には駒石という岩があり駒石岳の名もあります。

5月ころ雪解けがすすむと、山の斜面に大蛇の雪形があらわれ、農
作業の暦としてふもとの上松町の風物詩になっています。

山頂のハイマツの生えた傾斜地は、春になると緑がいっそう鮮やか
さになるという。下界からみると、その緑がまるで麦草が生えてい
るようなので麦草岳というのだそうです。

ある夏、木曽駒ヶ岳のとなり木曽前岳から山姥の奇岩を経て、麦草
岳に向かいました。お花畑にはわずかな踏み跡がつづいています。
はしごと岩峰を越えて間もなく、開けた山頂に飛び出しました。

広々とした頂は、ひざくらいまでハイマツにおおわれ、山名の由来
も納得です。赤い屋根の祠のわきに寝転がり、しばらく流れる雲を
眺めました。訪れる人は全くありません。

赤い屋根の祠のわきに寝転がり、汗を拭きながら、しばらく流れる
雲を眺めました。ついでながら祠は上松町の駒ヶ岳神社の末社で、
農業、蚕、牛や馬の守護神になっています。国の無形文化財にも指
定されているそうです。

ちなみに1991年(平成3)に国土地理院から発行された「日本の山
岳標高一覧・1003山」には標高は2733m(測定点)になっていまし
たが、2008年(平成20)6月に電子国土ポータルWebシステムで検
索した時には2721.1m(三角点)になっていました。

・【データ】
【山名・地名】麦草岳(むぎぐさだけ)
・【異名・由来】麦のような雑草が生える草原であることから集落
名(小字)がうまれ、それが山名に転移「日本山岳ルーツ大辞典」。

【所在地】
・長野県木曽郡木曽町(旧木曽郡木曽福島町)と長野県木曽郡上松
町との境。飯田線沢渡駅の西14キロ。JR中央本線上松駅から6時
間で麦草岳。三等三角点(2721.1m)と、上松町の駒ヶ岳神社の末
社の祠がある。地形図上には山名と三角点記号とその標高、それに
駒石の文字の記載あり。付近に何も記載なし。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【三等三角点】緯度経度:北緯35度47分52.3787秒、東経137度47
分09.9115秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・基準点(三角点):(基準点コード:TR35337565301)(点名:麦草
頭)(冠字選点番号:李 32)(種別等級:三等三角点)(基準点成
果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°47′5
2.3787、経度 137°47′09.9115)(標高:2721.08m)(基準点現況
状態:正常 20000901)(所在地:記載なし)(点の記図:×)。

・【点の記】
・閲覧不可

【地図】
・2万5千分の1地形図「木曽駒ヶ岳(飯田)」5万分の1地形図「飯
田−赤穂」

【山行】
・第3日目:1992年(平成4)9月6日(日・晴、ガス)中ア麦草
岳:1992年(平成4)9月4日(金)〜10日(木)「新宿駅・駒ヶ
根駅・千畳敷・木曽駒ヶ岳・濃ヶ池・麦草岳・上松駅・木曽福島駅
・田の原・木曽御嶽山八合目石室・王滝口頂上・剣ヶ峰・飛騨頂上
・三ノ池・田の原・木曽福島駅・茅野駅・親湯入口・蓼科山・親湯
入口・茅野駅・新宿駅」:「木曽駒ヶ岳・麦草岳・木曽御嶽・蓼科
山」単独行

【参考】
・「上松町の神社と仏閣」(町誌別編)長野県上松町教育委員会(昭
和60年3月)
・「駒ヶ岳由来記」木曽上松町駒ヶ岳社務所
・「信州山岳百科・2」(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・「徳原讃岐支配扣」上松町

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る