とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼539号 「丹沢表尾根・一ノ塔がないわけ」

【概略】
なぜか二ノ塔からはじまる丹沢表尾根。その昔、毎晩のように山に
何か光るものが現れた。麓の秦野市横野の加羅古神社に最初のご神
燈(一ノ燈)。そして二ノ塔に灯り、三ノ塔にも灯っていった。村
人はあの峰は二ノ塔(灯)、こっちは三ノ塔(灯)と呼んだという。
・神奈川県秦野市

▼539号 「丹沢表尾根・一ノ塔がないわけ」

【本文】
神奈川県丹沢の表尾根は、1963年(昭和38)に伊勢原市の日向薬師
の常連坊から「峯中記略控」という記録が発見され、昔から修験道
入峰修行の場であったことが確認されました。

表尾根へは、秦野駅からバス、ヤビツ峠下車、富士見山荘からしば
らく木立のなかを歩き、滑りやすい急坂をあえぐことからはじまり
ます。さらにカヤトのなかを登り切ると二ノ塔に飛び出ます。

つづいて三ノ塔を経て烏尾山へとつづきます。ここはなぜか二ノ塔
から始まり、一ノ塔がありません。不思議だとは思いませんか。こ
れには二ノ塔の南西の麓にある神社が関係しているのだそうです。

その昔、毎晩のように山に何か光るものが現れたといいます。村人
が不思議に思って見ていると、突然天空に大きなご神燈が輝きまし
た。次に、山の上のピークに1つ、そして別のピークにもう1つの
神燈が灯りはじめました。

村人たちは驚き、最初のご神燈(一ノ燈)が灯った場所を神聖なと
ころと感じて、神社を建てました。それがいまの秦野市横野にある
加羅古(からこ)神社なのだそうです。

そして、それぞれ神燈が灯ったピークを二ノ燈、三ノ燈といいまし
た。それがいつか二ノ塔、三の塔の字を当てるようになったのだそ
うです。加羅古神社の縁起に残るお話です。

・【データ】
【山名】
・【異名、由来】:秦野市横野の加羅古神社に一ノ燈が灯り、二ノ燈
がピーク(二ノ塔)に、三ノ燈が次のピーク(三ノ塔)に灯ったと
いう伝説から。

【所在地】
・神奈川県秦野市。小田急小田原線秦野駅の北北西8キロ。小田急
秦野駅からバス、ヤビツ峠から歩いて40分で旧ヤビツ峠。また1時
間45分で二ノ塔(標高1140m)。地形図に山名のみ記載。標高表示
なし。付近に何も記載なし。

【位置】
・【二ノ塔】北緯35度26分3.08秒、東経139度11分43.84秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「大山(東京)」

【山行】
・日帰り:2003年8月21日(水・くもり)二ノ塔探訪:2003年8月
21日(水・くもり)「新宿駅・秦野駅・蓑毛バス停・ヤビツ峠・二
ノ塔・三ノ塔(あまりの暑さに撤退)・ヤビツ峠・蓑毛バス停・秦
野駅・新宿駅」丹沢表尾根縦走

【参考】
・「尊仏・2号」栗原祥ほか(さがみの会)1989年(平成1)
・「日本歴史地名大系・神奈川」平凡社1990年(平成2)
・「丹沢山麓 秦野の伝説」(岩田達治著)1980年(昭和55)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る