とよだ 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼517号 「紀伊・金剛山の蛇谷」

【前文】
金剛山の蛇谷は「岩橋造り」で役ノ行者に逆らった一言主の神が、
葛の蔓で七巻きも縛られ、置き去りにされた所という。呪縛された
一言主神が、どうしても葛を解くことができず、その苦しいうなり
叫ぶ声は幾年たってもまだ絶えていないと伝える。
・奈良県御所市

▼517号 「紀伊・金剛山の蛇谷」

【本文】
奈良県と大阪府の境いにそびえる金剛山や大和葛城山(かつてはこ
のあたりをただ葛城山と呼んだ)は、修験道の開祖・役(えん)ノ
行者の修行の場だったという。

その金剛山から東側の御所市へと流れる「蛇谷」という沢がありま
す。蛇谷の北側には葛城一言主神社があり、この神社は『古事記』
にも登場するほど古い。

この神が、飛鳥時代の696(持統9)年、葛城山と金峰山に渡す「岩
橋造り」では、役ノ行者に鬼として使役されています。

一言主の神は、自分は姿が醜いので夜だけ働きたいと言い張り、行
者の怒りにふれ葛の蔓で7巻きも縛られ、谷底に置き去りにされた
という言い伝えがあります。その谷が蛇谷だというのです。

その後、泰澄が、その苦しいうなり声を聞き、一言主の結わえつけ
を解くため、ねんごろに祈ったら解けてしまった。ところが暗闇の
中から泰澄を叱る声があって、蔓は元通り縛られていたという。

一言主神が、どんな手を尽くしても葛を解くことができず、その苦
しいうなり叫ぶ声は幾年たってもまだ絶えていないと伝えられてい
ます。

なかには一言主神は長さ2丈半ばかりの黒ヘビにされ、いまでは行
者を恨む気力もなくなってしまったという本さえあります。

かつて葛城山頂にあったという一言主神社は、いまは同市森脇地区
に祀られ、参拝者に「いちごんさん」と親しまれ、「一陽来復」の
のぼりがはためいていました。

また、その蛇谷は吉野だという説もあるため、その後も吉野へ行く
たび地元の人に聞いてみるのですが、みなさん知らないというばか
りです。

★【データ】
【所在地】
・奈良県御所(ごせ)市。JR和歌山線吉野口駅駅の西7キロ。J
R和歌山線、近鉄南大阪線御所駅からバス、名柄上名柄下車、歩い
て1時間30分で蛇谷源頭。付近に何もなし。地形図上に何も記載な
し。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【蛇谷源頭】緯度経度:北緯34度25分44.05秒、東経135度41
分38.5秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「御所(和歌山)」

【山行】
・第2日目:1995年(平成7)4月5日(水・快晴)金剛山探訪:
1995年(平成7)4月4日(火)〜4月10日(月)「東京駅・名古
屋駅・亀山駅・王子駅・御所駅・一言主神社・蜘蛛窟・高天彦神社
・金剛山・北宇智駅・吉野口駅・吉野駅・金峰神社・青根ヶ峰・山
上ヶ岳・洞川・茅原吉祥草寺・下市口駅・玉手駅・吉祥草寺・大和
二見駅・丹生狩場明神社・五所駅・王子駅・亀山駅(乗り換え)・
名古屋駅・東京駅」:「奈良県一言主神・金剛山・吉野金峰山・山上
ヶ岳・吉祥草寺・丹生狩場明神」単独行

【参考】
・『役行者伝記集成』銭谷武平(東方出版)1994年(平成6)
・『古事記』:新潮日本古典集成・27『古事記』校注・西宮一民(新
潮社版)1989年(昭和64・平成1)
・『役行者本記』(奈良時代・神亀元(724)年・役義元著の記述が
あるがはっきりしない):(「役行者伝記集成」)
・『日本大百科全書・9』(小学館)1986年(昭和61)
・『本朝神仙伝』大江匡房著(日本古典全書・古本説話集 川口久
雄・校注)(朝日新聞社)1971年(昭和46)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る